Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   メキシコ・パナマ運河クルーズ   >   メキシコ   >   マサトラン・リビエラ

マサトラン・リビエラのクルーズ旅行

3.52

Photo by Prayitno

写真

マサトラン・リビエラへの寄港の口コミ評判

ノルウェージャン・スターで2018年12月頃に マサトラン・リビエラ に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

人が多すぎて、かつ、わかりにく場所が自由時間後の集合場所になるため、気を付けておかないと待ち合わせ場所に行けなくなってしまいます。そして、人数が足りなくても、エクスカーションのツアーガイドさんは出発してしまい、後から走ってバスを追いかけている人がいました。
時間厳守は必須で、船会社のエクスカーションに乗っていても、自己責任で観光しないといけません。

ウエステルダムで2016年11月頃に マサトラン・リビエラ に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

今回はタクシーでMonumento Mujer Mazaltecaまで行き、そこで現地の人のダイビングを見ました。
そ子からは徒歩でローカルのレストランで昼食、市場で買い物などをしました。名前は知っていても食べた事のない果物を食べたりするのも楽しいと思います。

サファイア・プリンセスで2009年10月頃に マサトラン・リビエラ に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:2~3時間  費用:

物乞いが教会周辺にいる一方、宝飾店に連れていかれるという金持ちもいるようなところみたい。
世界無形文化遺産パパントラ・フライヤーズのショーを見ました。

ゴールデン・プリンセスで2008年4月頃に マサトラン・リビエラ に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

港出口のタクシーの客引き攻勢を振り切り、旧市街まで歩いて往復する。道中は窓やドアに格子がはまった小さな庭のあるメキシコ人中産階級の住宅街。スマホを所持していない時だったので、船でもらった簡単な地図をたよりに、野良犬に吠えられたり、英語が通じない地元の方にボディランゲージで道をきいたりしながら旧市街の地元市場に到着。観光客の人影はなくメキシコ人ばかり。肉屋の前を通ると、立ち食いのカウンターがあり... 続きを読む»

サファイア・プリンセスで2006年4月頃に マサトラン・リビエラ に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

港からタクシーでビーチまで往復。ここもリゾート。ビーチにはたくさんのお土産屋さんやレストランがあった。今回はビーチのみで旧市街には行かなかった。

カーニバル・イレーションで2003年7月頃に マサトラン・リビエラ に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

予約していたフィッシングツアーが悪天候でキャンセル。仕方なく街歩きに。メキシコらしい町並みと綺麗なビーチを眺めながら街のレストランでタコスを食べましたが、美味しかった。充分楽しめました。

マサトラン・リビエラへの寄港スケジュール

2019-10
10月22日

マサトラン・リビエラに寄港するクルーズ商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン