Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   アラスカクルーズ   >   カナダ   >   ビクトリア(バンクーバー島)

ビクトリア(バンクーバー島)のクルーズ旅行

3.96

写真

ブログ記事

ビクトリア(バンクーバー島)への寄港の口コミ評判

クイーン・エリザベスで2019年5月頃に ビクトリア(バンクーバー島) に寄港

満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

ブッチャートガーデンなど半日観光。
公園に着いたが、風邪薬のためか、倦怠感が出て来て、風邪でダウン寸前、午後の街歩きはせずに、部屋で大人しく下船準備。

市街地まではシャトルバスも運行、徒歩でも可。家内一人で観光、帰りに離れた桟橋でラッコを撮ったと喜んでいました。
体調がよければ、ゆっくり街歩きをしたい印象の街でした。

参考までに投稿動画は下記。以降のバンクーバー~帰国も入っています。
https://youtu.be/fqatIJtjZlU

クイーン・エリザベスで2019年5月頃に ビクトリア(バンクーバー島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

ヴィクトリア(Victoria)には正直なところ大して期待していなかったのですが、予想以上に美しい都市に驚きました。

シャトルバスの到着地であるダウンタウンの目の前には美しいマリーナが有り、可愛らしい港内観光船が頻繁に発着していましたが、私どもはCVSという現地ツアー会社のバスで郊外にあるブッチャートガーデン(The Butchart Gardens)に行きました。

ここは20世紀初頭にセメント製造業者が邸宅に造った日本庭園が元になったカナダの国定史跡だそうで広大な庭園は見応えがありました。

なお、私どもはここでボートツアーをしたのですが、庭園の奥に広がる入江を一周するツアーは、当地の富豪の別荘等も見え少々お高い(カナダ$21.53)料金に見合ったものでした。

ノルウェージャン・ブリスで2019年4月頃に ビクトリア(バンクーバー島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

港から市街地までは徒歩30分程、天気が良かったので歩いて行きました。
州議事堂やフェアモントホテルなど、歴史を感じる建物を見ることが出来ます。
寄港地の中では一番街並みが綺麗でした。

ノルウェージャン・ブリスで2019年4月頃に ビクトリア(バンクーバー島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

ビクトリアの港からダウンタウンまでは徒歩で40分ほどかかりますが、景色が綺麗で、途中からポツポツとスーパーやお土産屋さんなどが出てくるので飽きずに歩けました。

ダウンタウンではカナダで人気の紅茶ショップ、マーチーズへ行きました。カフェとショップの両方あり、品揃えが良かったのでお土産探しにおすすめです。

セレブリティ・ミレニアムで2019年4月頃に ビクトリア(バンクーバー島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):500円未満

ブッチャートガーデン に行きました。市バスの一日券を購入5Cドルでした。バスはお釣りが出ないので、事前にくずして乗った方がいいです。私は、10Cドル札しか持っていなかったのですが、他の乗客が5Cドルを出してくれたおかげで、二人で一日券を購入することが出来ました。 ブッチャートガーデン まではダウンタウンから約一時間程かかります。75番のバスで一本で行かれますので簡単です。船のシャトルバスは、ダウンタウン... 続きを読む»

ルビー・プリンセスで2018年10月頃に ビクトリア(バンクーバー島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

港から街まで、いくつかのウォーキングコースがあり、わかりやすく表示されています。多くの人がゆっくり歩いていました。途中にフィッシャーマンズワーフに立ち寄ったり、豪華なリゾートマンションを眺めたりしながらの散歩は楽しいです。

ビクトリア(バンクーバー島)への寄港スケジュール

2019-09
9月23日

ビクトリア(バンクーバー島)に寄港するクルーズ商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン