Cruisemansトップ   >   アジアクルーズ   >   シンガポール   >   シンガポール

シンガポールのクルーズ旅行

4.02

シンガポールに寄港する人気クルーズライン

シンガポールのクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

シンガポールの写真

  • あっという間の4泊5日!! 気軽に乗船で...  ( by ms. earl_grey )
  • マリーナベイサンズ屋上展望台から見た...  ( by mr. shibata )
  • シンガポールの港で憩うクイーンエリザ...  ( by mr. shibata )
  • 船上から眺める夜の青色のマリーナベイ...  ( by mr. shibata )
  • 船上から眺める朝のマリーナベイサンズ  ( by mr. shibata )
  • 船上から眺める夜の赤色のマリーナベイ...  ( by mr. shibata )
  • ペナンのヒンズー寺院  ( by mr. konno )
  • ( by mr. konno )
  • ( by mr. konno )
  • ( by mr. konno )
  • ( by mr. konno )
  • ( by mr. konno )
  • 客室から見た、マリーナベイサンズ。  ( by mr. konno )
  • 乗船前の時間にチャンギ空港の付帯施設...  ( by mr. konno )
  • 港に荷物を預けてシンガポール観光を楽...  ( by ms. krn )

シンガポールへの寄港の口コミ評判

ゲンティン・ドリームで2024年1月頃に シンガポール に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

自身でMRTを利用してガーデンズ・バイ・ザ・ベイを観光。多くの植物と滝のマイナスイオンで癒やされました。「マリーナ ベイ クルーズ センター」からも2駅(乗り換えあり)で近いので、時間調整にはとても良い選択でした。
その後は船社の無料送迎でHarbourFront (Vivo City)へ行きました。イオンモールのようなショッピングセンターですが、ドンキホーテなどの日系店舗もあり、見てまわるには面白い場所でした。

ゲンティン・ドリームで2024年1月頃に シンガポール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

NCLジュエルを下船後、スーツケースをマリーナベイクルーズターミナル内の有料荷物預け所へ。1個10S$。MRTで二駅のガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ。「クラウド・フォレスト」と「フラワー・ドーム」32S$をオンラインで購入。クラウドフォレストが大変楽しめた。お花好きならフラワードームかな。 有料荷物預け所が15時閉店。ゲンティンの荷物預け開始が15時30分。15時45分にチェックイン開始。だけど、NCLジュエルとダイプリ... 続きを読む»

ノルウェージャン・ジュエルで2023年12月頃に シンガポール に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

マリーナベイクルーズセンター内の荷物預け所(15時閉店)にスーツケース2個20S$で預ける。MRTでガーデンズバイザベイに行き、フラワードーム・クラウドフォレスト、二人で64S$。

マリーナベイクルーズターミナルから、最寄りのMRT駅まで、歩いて10分強。屋根があるので、雨でも大丈夫。

この日は、ダイヤモンドプリンセスと、NCLジュエルの2隻がいたので、ゲンティンドリームの乗船開始が遅くなるらしい。

ゲンティンの荷物預けは15時30分開始。
チェックインが終わってもまだ乗船はできない。無料のシャトルバスでシンガポールクルーズセンターへ行き時間つぶし。


ノルウェージャン・ジュエルで2023年12月頃に シンガポール に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

夕方に到着し、1停泊でした。その日の夜に下船(シンガポール入国)したところ、少しして船に戻ろうとしたところ、2時間程度の待ち時間が必要とのこと。船内で案内が無かったので、ターミナルで待たされる人が多数でした。そのせいで最終日のディナーはダイニングで食べることが出来ませんでした。
(NCLにはオシーハンズがあるので、食事には困りませんでしたので、助かりました)
翌日の下船後は、MRTで「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」へ。花や植物、滝のマイナスイオンで癒やされました。
その後は、ゲンティンドリームに乗り継いだので、チェックイン後、無料のシャトルバスでハーバーフロントへ。以前より広くなったエリア(VivoCityなど)を散策しました。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズで2023年11月頃に シンガポール に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:10,000~15,000円

下車したのは、Mount Faber Parkとリトルインディアと、マリーナベイが見渡せる施設とチャイナタウン。ラッフルズホテル前で写真撮影のために5分停車しましたが、あとは車窓でした。
最後は空港まで送ってくれます。夜便にしたので、空港で荷物を預けて車窓で気になった街へメトロで行きました。
メトロはクレジットカードをかざせば乗れるからとても便利です。

スペクトラム・オブ・ザ・シーズで2023年7月頃に シンガポール に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

何度も訪れていますが、素敵な都市です。
アクセスがどこにもしやすく、クレジットカードタッチ決済で電車乗れるの最高です。

シンガポールの特集記事

シンガポールのニュース

シンガポールのブログ記事

シンガポールのクルーズ資料

シンガポールの寄港スケジュール

シンガポールの歴史・特徴   [ ]

まだ情報がありません

シンガポールのアクセス・ホテル   [ ]

シンガポールのクルーズターミナル

マリーナ・ベイ・クルーズ・センター・シンガポール(MBCCS)

MBCCSはシンガポールのウォーターフロントのマリーナ・ベイに位置し、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイやマリーナ・バラージのほか、金融ビジネス街やマリーナ・ベイ・サンズなどのスポットにも近く利便性が高い。

クルーズ後にフライトを利用する場合は、 クルーズフライ・サービス(CruiseFly)[^1]を利用することで、船のシンガポール到着と同日に出発するフライトのアーリーチェックインが可能となる。クルーズフライ・サービスはこの地域で初の海空手荷物輸送サービスで、スムーズにチェックインして荷物を預け、搭乗券を受け取ることができる。

MBCCSの住所:61 Marina Coastal Drive, Singapore 018947

MBCCSの地図 MBCCSの地図

マリーナ・ベイ・クルーズ・センター・シンガポール(MBCCS)を主に利用するクルーズライン

シンガポールの寄港地観光・エクスカーション   [ ]

まだ情報がありません

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン