Cruisemansトップ   >   MSCクルーズ   >   MSCクルーズの歴史・特徴

. MSCクルーズの歴史・特徴


MSCクルーズ(MSC Cruise)は、親会社のMSC(Mediterranean Shipping Company)が客船部門としておこなう本拠地をイタリア・ジェノバ、ナポリとするクルーズラインである。

アチーレ・ラウロ氏が「ラウロ・ライン」(Lauro Lines)として1960年に創業。 世界第2位のコンテナシップ会社であり、世界最大級の持株クルーズラインである。 客船クルーズラインとしての取扱量としては、カーニバル・コーポレーション(Carnival Corporation)、ロイヤル・カリビアン(Royal Caribbean)、ノルウェージャン・クルーズ(Norwegian)についで、世界第4位の規模である。

当初は客船アチーレ・ラウロ、客船アンジェリーナ・ラウロの2隻でオペレーションしていたが、1979年セント・トーマスで客船アンジェリーナ・ラウロが火事となり、その後は客船アチーレ・ラウロのみ利用されていた。

1985年、客船アチーレ・ラウロはハイジャックされ、その後乗客が減少。 MSCは1989年にフロッタ・ラウロ(Flotta Lauro)を購入し、スター・ラウロ・クルーズ(StarLauro Cruises)へ変更。 その後1994年に客船アチーレ・ラウロは火事となり、1995年についにMSCクルーズへと変更した。

親会社で巨大コンテナシップオペレーターである、Mediterranean Shipping Companyは2000年台に入り、客船クルーズの取扱いを拡大するため、58,000トンの最新客船2隻の建造を決めた。

3年後の2003年に最初の客船MSCリリカ(MSC Lirica)、2004年にMSCオペラ(MSC Opera)を就航させた。 2014年、MSCは「ルネッサンス・プログラム」と題して、リリカ・クラス客船のMSCアルモニア(MSC Armonia)、MSCリリカ(MSC Lirica)、MSCオペラ(MSC Opera)、MSCシンフォニア(MSC Sinfonia)の4隻の船体を引き伸ばす計画を発表した。

この計画は2014年から2015年の間におこなわれ、客室193キャビン、クルーキャビンが59追加された。

この記事はまだ改善できる部分があります。 「MSCクルーズの歴史・特徴」について情報をお持ちの方は是非この記事を編集してください。

 Contributors

1 commits by ms. kana

 関連するWiki

. MSCクルーズの船内施設・アクティビティ

. MSCクルーズの食事・レストラン

. MSCクルーズのドレスコード

. MSCクルーズの客船・客船クラス

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン