Cruisemansトップ   >   特集記事   >   船を知る(客船・ クルーズライン)   >   ホーランドアメリカ、客船アムステルダムでいくアラスカクルーズ乗船レポート2018   >   【乗船Day1】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム、シアトル港出発

【乗船Day1】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム、シアトル港出発

シリーズ  ホーランドアメリカ、客船アムステルダムでいくアラスカクルーズ乗船レポート2018

【乗船Day1】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム、シアトル港出発

「ホーランド・アメリカ・ライン」(Holland America Cruise Line)は、1873年にオランダとアメリカの郵便、カーゴ、そして人々を輸送する客船会社「ダッチ・アメリカン・スティームシップ・カンパニー」(Dutch-American Steamship Company)として創業。当時の本社はオランダのロッテルダムであった。1872年10月15日に最初のクルーズ、ロッテルダム〜ニューヨーク15日間の航程を出港させた。1989年から親会社はカーニバル・コーポレーション(Carnival Corporation)となっている。

◆ 2018年9月16日〜9月23日「客船アムステルダム」(MS AMSTERDAM)によるシアトル発着の8日間のクルーズに乗船した際の様子をレポートします。 

 今回乗船した航路は、ホーランド・アメリカのベースとなるアメリカ・シアトルを出発し、8日間をかけてアラスカのグレーシャーベイや主要寄港地を巡る、アラスカ・インサイド・パッセージ・クルーズです。

アラスカといえば氷河、そして野生動物、そんなイメージが目の前でありのままに広がるのがインサイドパッセージの醍醐味。寄港地は、ハバードグレーシャー、シトカ、ケチカン、カナダのビクトリアで、アラスカのインサイドパッセージの決定版と言えるコースを選びました。

アラスカのクルーズは春〜夏にかけてシリーズとしておこなわれているため、今回乗船した9月16日発のコースは、客船アムステルダムがおこなう今年最後のアラスカクルーズです。

◆【乗船Day1】では、シアトル港発の様子をレポートします。

1. ホーランド・アメリカ、客船アムステルダムによるアラスカ・クルーズのシアトル港

シアトルは世界でも有名なクルーズ船の利用港ということで、市内には数箇所のクルーズ客船ターミナルがあります。ホーランド・アメリカ(Holland America)の、客船アムステルダムによるアラスカ・クルーズのシアトル乗下船港は「スミス・コーブ・クルーズターミナル・ピア91」(Smith Cove Cruise Terminal at Pier 91)です。

前泊していたシアトル市内のホテルから、市バスで移動しました。

1-1. ◆シアトル市内〜シアトル港(ピア91)の移動方法

  • 市バスの「D Line」利用
  • 「3rd Ave & Bell St」乗車 →「Elliott Ave W & W Galer St」下車後、徒歩15〜20分
  • 2.75ドル

市バスでの移動ははっきり言って、あまりお勧めしません。 すごく体力がある方、バスが好きな方にはお勧めですが、疲れます!

1-2. ◆シアトル市内〜シアトル港(ピア91)のお勧めの移動方法

  • タクシー
  • 約15ドル

パイクプレイス・マーケット〜ピア91で実際に15ドルで移動が出来ました。

シアトルでの上下船時、観光などはこちらをご覧ください。

やっとたどり着いたピア91

右にはホーランド、左にはプリンセス。 これからホーランドに乗船するのに、プリンセスもいいよな〜と、困った気分になってしまいました。

タグを荷物から出す間もなく、ここで名前を伝えたら、部屋番号を調べて、係の人が手書きのバゲージタグを着けてくれました。

バゲージドロップに進みます

バゲージを預けたら、乗船手続きをおこなうカウンターへ。 パスポートを出したらクルーズカードがもらえます。

2. ついに乗船

入っていきなりシックな感じで素敵です

客室へ向かいます。

詳しくはこちらの船内レポートをご覧ください

2-1. インサイドキャビン(内側客室)2680号室

ベッドのヘッド側にはカーテンが引かれ、奥行きを広く演出しています。ライトも暖かな間接照明が多くてリラックス。

鏡台にもたくさんの引き出しがあり、使い勝手が良い感じです。

その後、ビュッフェ(リド)にランチへ。

2-2. LIDO MARKET (Deck8)

清潔感あるブッフェ・レストラン

お寿司も人気です

食事が終わったころに、ドリル(避難訓練)の集合の放送が流れたので、集合場所へ。 ホーランド・アメリカのドリルは、救命胴衣は必要ないようです。

グループごとに並ぶのですが、時間どおりに来ていない人は、グループを取り仕切るクルーに、何度も大声でフルネームを呼ばれていました。

全員集まったグループごとに歓声も上がっていて、ひとつひとつがイベントだよな〜などと思いながら、まだ来ぬグループの何名かを待ちました。

無事、全員集まり、ドリルも完了。

★16:00出港です

3. はじめてのメインダイニングでのディナー

全体的にシックで、居心地のよいダイニングです

詳しくはこちらのメインダイニング・レポートをご覧ください

Day1 ディナー

Ketchikan Seafood Chowder(ケチカン・シーフード・チャウダー)

Prosciutto and Caponata(プロシュット・カポナータ)

Shrimp Diablo(シュリンプ・ディアブロ)

Beef Short Rib Stroganoff(ビーフストロガノフ・パスタ)

Lemon Cake(レモンケーキ)

Chocolate Cake(チョコケーキ)

※ 記事内に紹介されているクルーズ船や寄港地の情報については、記事執筆者の経験や情報収集に基づいた参考情報であり、実際の内容と異なる場合や、内容が変更されている場合があります。
※ 最新の情報については船会社や港湾の公式ホームページのご確認や、ご予約に利用される旅行代理店へのご確認をお願いします。

おすすめ記事

記事のシェアをお願いします

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン