Cruisemansトップ   >   特集記事   >   船を知る(客船・ クルーズライン)   >   最新鋭客船MSCベリッシマ、客室を大公開!世界に1つしかない部屋とは?

最新鋭客船MSCベリッシマ、客室を大公開!世界に1つしかない部屋とは?

最新鋭客船MSCベリッシマ、客室を大公開!世界に1つしかない部屋とは?

日本発着クルーズ史上、最大級の客船であるMSCベリッシマ。MSCベリッシマ独自の部屋の特徴や、世界に1つしかない部屋についてご紹介。

1. 客室の中の様子が知りたい!部屋の特徴

気になるMSCベリッシマの部屋の様子を実際の写真と共にご紹介します。

クルーズ客船は、「内側」「海側」「海側バルコニー」「スイート」と基本的に大きく分けて4つの部屋タイプがあります。 MSCベリッシマの場合も同様で、それぞれ部屋の広さや設備が異なります。

1-1. アクティブ派にはぴったりかも。「内側客室」

「インテリアキャビン」(Interior Cabin)

内側客室はその名の通り、船内の内側に配置されており、窓が一切ない作りとなっていますが室内設備などは他客室と基本的に変わりありません。

日中はほとんど船内の共用施設や寄港地観光に出かけるなどで、部屋にこだわりがないという方には人気があります。

面積は12㎡〜22㎡(ハンディキャップキャビン含む)で、基本的にダブルベッド(リクエストでシングル2台にすることが可能)とパーソナルチェアが入るくらいの広さです。

「内側客室」の例

面積的にビジネスホテルに置き換えた場合にはシングルからセミツインの間くらいではありますが、バスタブもなく水回りがコンパクトなこともあり、さほど狭さを感じにくい作りとなっています。

他に1名利用のための「インテリア・ステューディオ」(Interior Studio)もあります。

1-2. 朝すっきり起きるために選ぶ人もいる。「海側客室」

「オーシャンビュー」(Ocean View)

海側に配置され窓があり、太陽光が入るため時間感覚を得やすくなります。 窓は基本的に開かないつくりとはなっているものの、覗くと外の様子が分かりますので、窓が欲しい方は海側客室を選ぶと良いでしょう。

「海側客室」の例

2段ベッドが搭載されている「海側客室」の例

面積は15㎡〜22㎡(ハンディキャップキャビン含む)で、面積的にビジネスホテルに置き換えた場合にはセミツインからツインの間ほど。

基本的にダブルベッド(リクエストでシングル2台にすることが可能)とバスタブなしのコンパクトな水回りです。 パーソナルチェアでなく、2名がけサイズのソファーが入ります。

1-3. 部屋での生活も充実させたい。「海側バルコニー」

「バルコニー付きキャビン」(Balcony Cabin)

海側に配置され、バルコニーも付いているお部屋で、一般的に一番人気のある部屋タイプと言われています。

面積は12㎡〜22㎡(ハンディキャップキャビン含む)で、面積的にビジネスホテルに置き換えた場合にはシングルからセミツインの間くらいではありますが、バルコニーがあるため開放的に感じられます。

「バルコニー付キャビン」の例

基本的にバルコニーは自分だけの空間なので、いつ出ても構いません。たとえパジャマでバルコニーに出ても、誰にも会うことはありませんので、気ままに外の空気を吸いに出かけたいという方にはぴったりです。

他には、家族向けのコネクティング・キャビンである「スーパー・ファミリー・プラス・キャビン」「スーパー・ファミリー・バルコニー・キャビン」(一部オーシャンビュー)もあります。

1-4. 全てが最上級。「スイート」

面積の広さ、室内設備、利用者特典など全てにおいて最上級の客室です。 MSCクルーズではスイート客室のことを、「MSCヨットクラブ」と呼んでいます。

部屋によっては専用のジャグジーが付いているなど、お部屋重視でクルーズ旅行を楽しみたい方におすすめです。価格は高いですが、スイート専用エリアやレストラン、専用コンシェルジュやバトラーが付くなど、大変満足感が高く、人気があります。 お部屋の数も限られているため、予約開始後早々に売り切れてしまうこともしばしばです。

面積は16㎡〜59㎡(ハンディキャップキャビン含む)と、スイート客室の種類によってさまざまですが、ビジネスホテルに置き換えると一番小さいスイートの部屋でもツインルーム以上となるようです。

MSCヨットクラブ・デラックススイート

「デラックス・スイート」の例

「デラックス・スイート」の例

MSCヨットクラブ・ローヤルスイート

「ローヤル・スイート」の例

「ローヤル・スイート」の専用バルコニー

他、MSCベリッシマのスイート客室は「アングル・スイート」「デュープレックス・スイート」「ヨットクラブ・インテリア・スイート」「ヨットクラブ・スパ・スイート」「ヨットクラブ・デラックス・スイート」「ローヤル・スイート」の全7種類となります。

【客室のえらび方が知りたい方はこちら】

「クルーズ旅行の部屋ってどんな感じ?客室の選び方を徹底解説(初心者向け)」

Cruisemans【基礎知識・ガイド】より

2. MSCベリッシマは「おひとり参加」と「家族旅行」に優しい!

MSCベリッシマは、ご乗船される方の旅行スタイルに合わせて使い分けていただける、特別な客室があるんです。

中でも、「おひとり参加」「家族旅行」で利用される旅行者が喜ぶ客室がありますよ。

おひとりでも、子連れでも安心なMSCクルーズ

2-1. おひとりさまが喜ぶ「インテリア・ステューディオ」

おひとり利用の方に朗報です。客船MSCベリッシマには、1名利用者のための専用客室である「インテリア・ステューディオ」を展開しています。

クルーズの客室は2名1室利用が基本なため、1名利用のためのキャビンが用意されている客船数は多くありません。お得に部屋を1名利用したい乗客の方にとって「インテリア・ステューディオ」は待望の部屋タイプだと言えますね。

ただし部屋数は12室しかないため、早めの予約が必要です。

「インテリア・ステューディオ」の例

2-2. 家族で最大12名泊まれる!?「スーパーファミリー」客室

おともだちファミリーとのご旅行に最適な、ご家族向けのキャビンもありますよ。 その名も「スーパーファミリー」と「スーパーファミリー・プラス」

どちらも2つの客室を繋げて利用することで、ファミリークルーズに対応しています。

「スーパーファミリー・プラス」

最大12名まで利用可能となっており、(スイート×2):客室それぞれ約25㎡+約8㎡のバルコニーの広さです。

「スーパーファミリー」

最大6名まで利用可能となっており、(バルコニー付きキャビン×2):客室それぞれ約19㎡+約4㎡のバルコニーの広さです。

(参考)MSCディビーナ/スーパーファミリーキャビン (参考)MSCメラビリア/ファミリーキャビン

3. 世界にたった1室だけ!魔法のような輝きの中で過ごせる部屋

MSCベリッシマには、「クリスタル・キャビン」という世界でたった1室しかない特別な部屋があります。

客室内のいたるところが、スワロフスキーのクリスタルでデコレーションされているという豪華な客室であるクリスタル・キャビン。 スワロフスキー社とのパートナーシップにより実現しました。

部屋の入り口ドアにかかるルームナンバー「16018」ですら、スワロフスキーでデコレーションされています。

スワロフスキークリスタルのルームナンバーがまばゆい

至るところにスワロフスキークリスタル

豪華すぎるベッドサイドランプ

室内家具においても、ベッドサイドテーブルやサイドボード、壁にかかるアートやランプに至るまでがスワロフスキーによるクリスタルで彩られています。

魔法のような輝きで世界中を魅了するスワロフスキーに囲まれて過ごすクルーズ。

世界にたった1室だけのお部屋で過ごすことが出来るなんて、素敵です!

とっても貴重なお部屋のため、予約が大変困難とはなりますが、こんなロマンチックなお部屋はハネムーンにはぴったりじゃないですか?

きっと2人の素晴らしい思い出になるはず

【ハネムーンはクルーズがおすすめの記事はこちら】

「ハネムーンに新提案!クルーズ旅行で一生の思い出となる新婚旅行に」

Cruisemans【クルーズを楽しむ】より

4. 日本発着クルーズでMSCベリッシマに乗ろう!

日本発着クルーズ史上、最大級の客船であるMSCベリッシマは客室もとっても魅力的。

お一人参加やご家族連れなどの、それぞれの旅行スタイルに合わせて最適な客室を選ぶことができます。

MSCベリッシマに乗船したら自分はどんな1日を過ごしたいだろう?頭の中で想像してみることで客室えらびがよりスムーズになりますよ。

MSCクルーズで航く日本発着クルーズ。日本の魅力を再発見する旅になるでしょう。

※ 記事内に紹介されているクルーズ船や寄港地の情報については、記事執筆者の経験や情報収集に基づいた参考情報であり、実際の内容と異なる場合や、内容が変更されている場合があります。
※ 最新の情報については船会社や港湾の公式ホームページのご確認や、ご予約に利用される旅行代理店へのご確認をお願いします。

おすすめ記事

記事のシェアをお願いします

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン