Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   エメラルド・ウォーターウェイズ

歴史・概要

エメラルド・ウォーターウェイズは、比較的手頃な価格で乗船できるリバー・クルーズラインとして2013年に設立された。 (実際オペレーションが開始されたのは2014年)

エメラルド・ウォーターウェイズはオーストラリアのクルーズ・ツアー・オペレーターで、5つ星ラグジュアリー・リバー・ボートクルーズをオーストラリア、ヨーロッパ、アメリカで取り扱っているシーニックツアーズ(Scenic Tours)の子会社である。

客船

エメラルド・ウォーターウェイズは最初に2隻のラグジュアリー・リバー客船エメラルド・スカイ(Emerald Sky)、エメラルド・スター(Emerald Star)を就航させ、両客船ともに世界的スーパーモデルのツィギーが命名した。

その後2015年に、姉妹船エメラルド・ドーン(Emerald Dawn)、エメラルド・サン(Emerald Sun)の2隻が就航した。

5隻目の客船エメラルド・ベル(Emerald Belle)は2016年に就航の予定だったが、火災で2017年に就航が延期となり、客船名もエメラルド・デスティニー(Emerald Destiny)と変更になった。

同年2017年には客船エメラルド・リベルテ(Emerald Liberte)、エメラルド・ラディアンス(Emerald Radiance)が就航した。

最新客船について

2019年にはエメラルド・ウォーターウェイズ8隻目の最新客船エメラルド・ハーモニー(Emerald Harmony)がアジアのメコン川クルーズ向け客船として就航予定となっている。

処女航海は2019年8月20日発のハロン湾、ダナン・フエ、ホイアンなどを巡るコースとなっており、航程のラスト3泊はシェムリアップで、乗客はアンコールワットなどの世界遺産観光に出かけることが可能である。

ニュース

乗船履歴・口コミ

客船

エメラルド・スカイ
エメラルド・スカイ
Emerald Sky
エメラルド・リベルテ
エメラルド・リベルテ
Emerald Liberte
エメラルド・デスティニー
エメラルド・デスティニー
Emerald Destiny
エメラルド・サン
エメラルド・サン
Emerald Sun
エメラルド・ハーモニー
エメラルド・ハーモニー
Emerald Harmony
エメラルド・スター
エメラルド・スター
Emerald Star

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン