Cruisemansトップ   >   エメラルド・ウォーターウェイズ

エメラルド・ウォーターウェイズ(Emerald Waterways)

3.98

エメラルド・ウォーターウェイズの口コミ、乗船記

エメラルド・ウォーターウェイズの写真

  • イースターのサプライズで ウサギのチ... ( by ms. taka )
  • ディスカウント 私たちのコースは 契約... ( by ms. taka )
  • 船内からの景色 鳥は言うまでも無く、羊... ( by ms. taka )
  • 左右に 古城現れ、シャッターチャンス... ( by ms. taka )
  • アルルの最後の朝、外を見ると虹がかか... ( by ms. fwk )
  • デザートは祖母伝来のオリーブオイルの... ( by ms. fwk )
  • メインは、8時間かけたビーフコンフィと... ( by ms. fwk )
  • 夕食は、ファビアンモレルという地元の... ( by ms. fwk )
  • アヴィニョンからのエクスカーションで... ( by ms. fwk )
  • ワイテイスティングのあとは、チーズテ... ( by ms. fwk )
  • 地元のワインショップの方が来てワイテ... ( by ms. fwk )
  • リバークルーズの船は増え、横並びに停... ( by ms. fwk )
  • 船のプール。水着を持たなかったことが... ( by ms. fwk )
  • カーテン開けてびっくり!  寝ているば... ( by ms. taka )
  • ブタペストは 国会議事堂の対岸に停泊 ( by ms. taka )

エメラルド・ウォーターウェイズのニュース

エメラルド・ウォーターウェイズの客船

エメラルド・ウォーターウェイズの歴史・特徴   [ ]

エメラルド・ウォーターウェイズは、比較的手頃な価格で乗船できるリバー・クルーズラインとして2013年に設立された。 (実際オペレーションが開始されたのは2014年)

エメラルド・ウォーターウェイズはオーストラリアのクルーズ・ツアー・オペレーターで、5つ星ラグジュアリー・リバー・ボートクルーズをオーストラリア、ヨーロッパ、アメリカで取り扱っているシーニックツアーズ(Scenic Tours)の子会社である。


エメラルド・ウォーターウェイズの船内施設・アクティビティ   [ ]

まだ情報がありません

エメラルド・ウォーターウェイズの食事・レストラン   [ ]

まだ情報がありません

エメラルド・ウォーターウェイズのドレスコード   [ ]

まだ情報がありません

エメラルド・ウォーターウェイズの客船・客船クラス   [ ]

エメラルド・ウォーターウェイズは最初に2隻のラグジュアリー・リバー客船エメラルド・スカイ(Emerald Sky)、エメラルド・スター(Emerald Star)を就航させ、両客船ともに世界的スーパーモデルのツィギーが命名した。

その後2015年に、姉妹船エメラルド・ドーン(Emerald Dawn)、エメラルド・サン(Emerald Sun)の2隻が就航した。

5隻目の客船エメラルド・ベル(Emerald Belle)は2016年に就航の予定だったが、火災で2017年に就航が延期となり、客船名もエメラルド・デスティニー(Emerald Destiny)と変更になった。

同年2017年には客船エメラルド・リベルテ(Emerald Liberte)、エメラルド・ラディアンス(Emerald Radiance)が就航した。

最新客船について

2019年にはエメラルド・ウォーターウェイズ8隻目の最新客船エメラルド・ハーモニー(Emerald Harmony)がアジアのメコン川クルーズ向け客船として就航予定となっている。

処女航海は2019年8月20日発のハロン湾、ダナン・フエ、ホイアンなどを巡るコースとなっており、航程のラスト3泊はシェムリアップで、乗客はアンコールワットなどの世界遺産観光に出かけることが可能である。


非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン