Cruisemansトップ   >   特集記事   >   船を知る(客船・ クルーズライン)   >   クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018   >   【乗船Day2】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(フランクフルト・マイン川)

【乗船Day2】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(フランクフルト・マイン川)

シリーズ  クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018

【乗船Day2】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート(フランクフルト・マイン川)

1976年にジェラルド・シュミッター氏(Gerard Schmitter)により創業されたクロワジー・ヨーロッパ(Croisieurope)。 45隻のリバークルーズ客船と、オーシャン客船1隻を保有し、本社はフランス・ストラスブールで、フランスにベースを置き、ヨーロッパでは老舗のリバークルーズ会社として知られています。

2018年7月2日〜7月7日「客船ラファイエット」(MS LAFAYETTE)での実際の乗船の様子を、レポートします。 今回乗船した航路は、クロワジー・ヨーロッパの本社所在地でもあるフランス・ストラスブールを出発し、ドイツ・中央都市のフランクフルト、モーゼル川の街コッヘム、モーゼル川とライン川の合流地点コブレンツ、つぐみ横丁で有名なリューデスハイム、大学都市のマンハイム、そしてストラスブールに戻るというものです。

なんといっても「ライン川」「モーゼル川」「マイン川」の3つの川を楽しめるという、まさにリバークルーズの贅沢さが詰め込まれた航路です。

特にライン川の流域自体が世界遺産になっており、コブレンツ〜リューデスハイムの川沿いは休む暇がないほどに古城や村々が現れ、牧歌的な景色が楽しめるので、飽きることがありません。

リバークルーズが初めての方にも、またはライン川から、ドイツの歴史的古城を余すことなくゆったりと楽しみたいという思いのある、クルーズ自体が初めての方にも乗船していただき、満足していただけそうな航路であると感じました。

◆【乗船Day2】では、フランクフルト寄港(マイン川)の様子をレポートします。

2日目:7月2日(月)

1. 朝食

1-1. 朝食は基本的に毎日7:30から9:00でブッフェ

2. 午前中

LAFAYETTEに2キャビン用意されている、1人部屋を見学しました。お1人参加の場合でも料金がお得に設定されているため、このお部屋の確保は難しく、かなり早い段階から予約を入れないと取れないそう。 1人参加の場合にはこちらをリクエストしたい

2-1. 船内のショップがオープン

船内のショップは午前中の11:00頃から1時間ほど、レセプションの前でオープンします

3. ランチ

ランチはアルザスメニューなので可愛らしいアルザス風の衣装でサーブしてくれます

アルザスワインも合わせて提供されます

3-1. Day2 ランチ

Alsatian sauerkraut with its English potatoes(アルザス風ザワークラウトとソーセージ、ポテト)

Munster cheese with cumin(ミュンスターチーズとクミン)

Revisited lemon pie (レモンパイ)

4. フランクフルトについてのセミナー

フランクフルトについてのセミナーの時間が設けられ、バーで約50分間の講義がありました。

5. フランクフルト入港(15:30)

フランクフルト港がいよいよ近づいてきました

6. フランクフルト市内観光(16:30から約1時間半)

オプショナルツアーが用意されており(別料金)健脚向けと、バスツアーの2種類があります。基本的には事前予約で、船内でも空きがあれば受付が可能です。

市内観光出発前にはレセプションに市内のマップが用意されますので必ずピックアップしましょう。

マップをゲット

リバークルーズの場合には着岸ポイントが数箇所あるので、必ず目印をつけて出発です

バスに乗って出発です!

欧州中央銀行のユーロマーク

車窓観光でフランクフルト市内を回った後、レーマー広場にて下車で徒歩観光。ここで30分ほどフリータイムの後、徒歩で船まで戻るか、バスでツアーと一緒に戻るかが選べます。

一人で船まで戻りまーす

少し歩くと、ショッピング・ストリート。大型ショッピングモール「KAUFHOF」もあります

「ESPRIT」もあるー!

「KAUFHOF」から徒歩で港まで戻ると、約15分ほどです。 途中、「鉄の橋」に寄ります

恋人達が愛を誓う橋だそうです

7. レーマー広場から港

7-1. レーマー広場から船までは、徒歩で10分ほどです

7-2. 船に戻ると、ダンスレッスンがおこなわれていました

今回は90%以上の乗客がフランス人でした。フランスの人は踊りが好きです。 夕食までの時間でダンスレクチャータイム

8. 夕食

今日あったできごとを同じテーブルの人と共有する楽しい時間です

Saint Germain pottage(サンジェルマン・ポタージュ)

Caprese salad(tomato mozzarella) (トマトのモッツァレラとカプレーゼサラダ)

Duck confit Its pan potatoes and fresh zachinnis (鴨のコンフィ)

Chocolate surprise with its custard cream (フォンダンショコラとカスタードクリーム)

本日は23:45に出港です。

※ 記事内に紹介されているクルーズ船や寄港地の情報については、記事執筆者の経験や情報収集に基づいた参考情報であり、実際の内容と異なる場合や、内容が変更されている場合があります。
※ 最新の情報については船会社や港湾の公式ホームページのご確認や、ご予約に利用される旅行代理店へのご確認をお願いします。

おすすめ記事

記事のシェアをお願いします

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン