Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   ニュース   >   カーニバル・コーポレーション、10月末までに船隊定員の50%以上の運航再開を目指す

カーニバル・コーポレーション、10月末までに船隊定員の50%以上の運航再開を目指す

2021.09.23
  • カーニバル・コーポレーションは、10月末までに全船隊の50%以上のキャパシティをゲストクルーズ運航に戻す見込みです
  • 同社の9つのクルーズラインブランドのうち、8つのブランドがゲストクルーズを再開しています。
  • クルーズは、検査とマスクのポリシーを更新したワクチン接種クルーズを含む、強化された健康と安全プロトコルで運航されます。
  • 2021年12月31日までにキャパシティーの65%近くを戻す予定です。

世界最大のクルーズ会社であるカーニバル・コーポレーションは、10月末までに総船隊定員の50%以上がゲストクルーズに復帰する見込みであることを発表しました。これは、以前発表した新年を迎えるにあたり、総船隊定員の65%近くでサービスを再開するという計画の重要なマイルストーンになります。現在までに、同社のクルーズライン9ブランドのうち、カーニバルクルーズライン、プリンセスクルーズ、ホーランドアメリカライン、シーボーン、コスタクルーズ、アイダクルーズ、P&Oクルーズ(英国)、キュナードの8ブランドがゲスト出航を再開しています。

10月末までに、これら8ブランドは、世界各地での全体的な再開努力の一環として、42隻を運航することを発表しています。ゲストクルーズの運航再開に関する各ブランドの最新情報は、今後数週間以内に、船舶や旅程の詳細を含めて発表される予定です。本クルーズでは、政府および保健当局と連携し、当社の公衆衛生、疫学、政策の専門家による指導のもと、より強化された健康と安全のためのプロトコルを用いて運航します。これには、最新のガイダンスに従った検査とマスキングの方針で、ワクチン接種済みのクルーズを運航することも含まれます。

カーニバル・コーポレーションの各ブランドは、米国、メキシコ、カリブ海、英国、西ヨーロッパ、地中海など、世界の複数の地域の主要港から出航し、段階的なアプローチで運航を再開しています。同社の全体目標は、2021年12月31日までにキャパシティを65%近くまで戻すことです。各ブランドは独自のタイムラインを持ち、今後数ヶ月の間に船隊のキャパシティを増やす計画を立てており、ほとんどのブランドが2022年春までに大半の船を運航させることを目標としています。

アイーダ・クルーズのクルーズ旅行

最安料金 ¥0 ~/1日

カーニバル・クルーズ・ラインのクルーズ旅行

最安料金 ¥8,260 ~/1日

コスタ・クルーズのクルーズ旅行

最安料金 ¥12,000 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン