Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   アイーダ・クルーズ   >   ニュース   >   カーニバル・コーポレーション、第2四半期の純利益は3億7900万ドルと低いが、売上高は39億ドルに増加

カーニバル・コーポレーション、第2四半期の純利益は3億7900万ドルと低いが、売上高は39億ドルに増加

2017.06.22
  • 2017年第2四半期の米国会計基準当期純利益は3億7900万ドル、2016年第2四半期の6億500万ドルから減少
  • 2017年第2四半期の売上高は39億ドルで、前年同期の37億ドルを上回った
  • 総収入の歩留まりは2.7%増加
  • 中国市場向けにマジェスティック・プリンセスを竣工、AIDAクルーズにAIDAperlaを追加
  • 2017年通期の純収益利回りは約3.5%上昇の見込み
  • 2017年通期の調整後1株当たり利益は3.60ドルから3.70ドルの範囲と予想

カーニバル・コーポレーション&plcは、2017年第2四半期の米国会計基準による純利益が3億7900万ドルとなり、前年同期の6億500万ドルから減少したことを発表しました。純利益の減少にもかかわらず、第2四半期の売上高は39億ドルに達し、前年同期に記録した37億ドルを上回りました。当四半期において、売上総利益率は2.7%増加しました。ハイライトは、中国市場向けに仕立てた最初の船であるマジェスティック・プリンセスの引渡しと、同社のドイツブランドであるAIDA CruisesにAIDAperlaが加わったことです。

同社は、2017年通年の純収益の歩留まりを前年比約3.5%増、通年の調整後1株当たり利益を3.60ドルから3.70ドルの範囲になると予想しています。クルーズ会社は、今後3四半期の累積予約数を前年を大きく上回る価格で確保しており、業界をリードする規模を活用することで、測定されたキャパシティーの伸びを上回る需要の拡大に取り組んでいます。

アイーダ・ペルラのクルーズ旅行

最安料金 ¥0 ~/1日

マジェスティック・プリンセスのクルーズ旅行

最安料金 ¥11,663 ~/1日

アイーダ・クルーズのクルーズ旅行

最安料金 ¥0 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン