Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   日本発着クルーズ   >   ニュース   >   日本、クルーズ4社連携で国際クルーズ拠点6港を選定
日本、クルーズ4社連携で国際クルーズ拠点6港を選定 Photo by aotaro

日本、クルーズ4社連携で国際クルーズ拠点6港を選定

2017.01.31

国土交通省は、今後官民連携で整備を進める国際クルーズ拠点として横浜港、清水港(静岡)、佐世保港(長崎)、八代港(熊本)、本部港(沖縄)、平良港(沖縄)の6港を選定した。

国土交通省は昨年末に「官民連携による国際クルーズ拠点形成計画書」と題したクルーズ船社と港湾管理者の連名での事業計画の募集を開始していた。

今回の選定はその募集をうけてのもので、評価の結果、応募のあった6案(6港・4船社)すべてが国際クルーズ拠点として認められる形となった。

今後、クルーズ船社と港湾管理者の連名で提出した事業計画に基づき、2019~2020年を目処に必要な整備をハード面およびソフト面から進める。

今回の国際クルーズ拠点のスキームでは、クルーズ船社に対して投資を促し、投資の見返りとして投資対象施設の岸壁の優先利用権を15~20年間にわたって与えるなどの施策を通し、政府の掲げる「2020年に訪日クルーズ旅客500万人」の目標達成を狙う。

国際クルーズ拠点に選定された6港と、連携するクルーズ船社名は以下のとおり。

◇ 横浜港

・連携クルーズ船社は郵船クルーズとカーニバル・コーポレーション ・施設運用開始は2019年 ・寄港回数目標は2025年に200回 ・大桟橋を郵船クルーズが飛鳥2の母港として優先利用 ・新港地区はカーニバルが日本発着クルーズの拠点として優先利用

◇ 清水港(静岡)

・連携クルーズ船社はゲンティン香港 ・施設運用開始は2020年 ・寄港回数目標は2030年に105回 ・ゲンティン香港傘下のクルーズラインが北東アジアクルーズの寄港地・発着地として利用

◇ 佐世保港(長崎)

・連携クルーズ船社はカーニバル・コーポレーション ・施設運用開始は2020年 ・寄港回数目標は2024年に300回 ・カーニバルが東アジアのハブターミナルとして機能する拠点港の形成を目指す

◇ 八代港(熊本)

・連携クルーズ船社はロイヤル・カリビアン・クルーズ・リミテッド ・施設運用開始は2020年 ・寄港回数目標は2030年に150回 ・ロイヤル・カリビアンが九州の大型客船の受け入れ拠点として整備を進める

◇ 本部港(沖縄)

・連携クルーズ船社はゲンティン香港 ・施設運用開始は2020年 ・寄港回数目標は2030年に104回 ・ゲンティン香港が中国・台湾発着クルーズの拠点として整備

  ◇ 平良港(沖縄、宮古島)

・連携クルーズ船社はカーニバル・コーポレーション ・施設運用開始は2020年 ・寄港回数目標は2026年に310回 ・カーニバルが中国発着クルーズの主要寄港拠点として整備

長崎のクルーズ旅行

最安料金 ¥14,063 ~/1日

熊本のクルーズ旅行

最安料金 ¥18,620 ~/1日

横浜のクルーズ旅行

最安料金 ¥10,022 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン