Cruisemansトップ   >   プリンセス・クルーズ   >   ダイヤモンド・プリンセス   >   口コミ・乗船記   >   12 Night New Zealand & Australia (Auckland To Sydney)

 CERTIFIED mr. seaday's 13th time voyage

12 Night New Zealand & Australia (Auckland To Sydney)

 2013-12-23   海側キャビン  0

4.02

Photo: クリスマスイブ ホイヤー クリスマスソングを歌うアガペラグループ


クルーズ航程


なぜ、今回のクルーズを選ばれましたか?

クリスマスと新年を洋上で迎えたかった。前年ノルウェーのフィヨルドに感激した。今回は南半球ニュージーランドのフィヨルドを巡るクルーズを選択。サファイア、ゴールデンに続き3回目のプリンセス。久しぶりにプリンセスクルーズに乗ってみたかった。オークランド、タウランガ、メルボルン在住の友人に再会できる。



実際にご乗船されていかがでしたか?評価とご感想をお聞かせください。

  お食事、ダイニング

満足

クルーズ中、朝食、昼食は14Fのホライズンビュッフェか6Fのメインダインングかピザ・ハンバーガースタンド。ディナーは4つあるレストランへ好きな時に行くエニタイムダイニング。クリスマスと新年を祝う特別の季節だからなのか、今までのプリンセスに比べて食事は良かった。特にバスタが美味しかった。

  サービス、スタッフ

満足

ワーカーは良くサービスしてくれた。今回のクルーズの後ダイアモンドは暫くニュージーランド・オーストラリア間のクルーズを繰り返した後、展望浴場設置等の改修を経て日本に配船となる。(2019年現在も横浜、神戸を起点に日本近海クルーズに従事)その為多くのワーカーが日本語を教えてくれとフレンドリーに接してくれた。部屋付きのワーカーも良く働いてくれた。

  お部屋

普通

前方舳先のオーシャンビュー。NZでは問題なかったが、NZからタスマニアへ向かう時は台風並みの低気圧があり海が荒れ、ベッドを下から突き上げる激しい揺れと船体を叩きつける波の音に一晩中眠れなかった。タスマニアとメルボルンの間の年中荒れることで有名なバス海峡でも結構揺れた。船全体がかなり揺れたようだが、特に舳先という船室の場所が悪かった。大型船だから大丈夫だろうと思ったのが間違い。これは今後の教訓となった。このような海域を通るクルーズや荒天を懸念する時は、出来るだけ大型の船で、揺れの少ない低層階中央付近の部屋を選択すべきだと痛感。

  船内の施設、アクティビティ

満足

乗客の多くがオーストラリア人ニュージーランド人で、クリスマスと新年を一緒に祝う一体感が更にリラックスしたフレンドリーな雰囲気を船内もたらしてくれたように感じた。海域、季節、乗客の国籍で船の雰囲気は全く違う。毎晩ラウンジで、気の合ったカップル4~5組と一緒に、サービス精神いっぱいのピアニストの生カラオケを楽しんだ。当時オセアニア地域の「トヨタ自動車」のテレビCMで流れていた曲を皆で合唱。その時知り合ったNZのカップルとは今も交流がある。


寄港地での移動や観光についてお聞かせください。

  オークランド

とても満足

オークランド郊外で牧場を営むキーウィ(NZ人)の友人宅に前泊。オークランドから少し郊外に行くだけで牧場や農場、豊かな自然が広がる。友人宅からすぐ近くのワハラウ自然公園のフヌア滝を散策。友人宅は電気はあるものの水道は引いておらず貯めた雨水を利用。日の長い夏の一日を地元の人がのんびりとピクニックを楽しんでいた。昼食はサーモン、夜はラムのBBQ。キーゥィが羨ましい。地元のファーマーズマーケットでお土産のマヌカハニーを購入。

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):  移動費用(片道):

  タウランガ

とても満足

午前7時接岸。午前中タウランガ在住のキウィーの友人が車で迎えに来てくれ自宅でランチ。午後3時港まで送ってもらう。船の出港が6時なので、超特急で港から近いマンガヌイ山へ登る。急いだので大汗をかいたが周りが開けた頂上からの眺めは素晴らしい。船が小さく見える。観光客だけでなくタウランガ市民のウォーキングコースになっているようだ。

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):  移動費用(片道):

  アカロア

満足

テンダーで上陸。天候は曇り。ヨットが係留してある他は何もない静かな入り江。クライストチャーチヘのツアーがあったが、例によって我々は港周辺を散策。海沿いの小さな灯台を超えて森の中の散歩道を1時間ほど歩く。海岸にはきれいな巻貝の貝殻がたくさん落ちていた。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

  ダニーデン

とても満足

〇午前9時ポートチャーマース接岸。ダニーデンの街まで12km。船会社のシャトルバスは片道15ドル。妻が運動のために歩こうと言い出し、多数決で歩くことに決定。他に誰も歩いていない。6km程歩いたところでお爺さんの運転する小型トラックが我々の前に停車。街まで歩いていると言うと「クレージー」と言われ街まで乗せてくれた。その上NZ最古オタゴ大学構内や街中をドライブで案内してくれ、帰り港まで片道5ドルのお得なバスがあることも教えてくれた。彼は地元のライオンズ協会の元会長さん。旅人に対する親切に感謝。友人のキウィーにその話をするとキウィーはそんなもんだよと当然のように言っていた。私も日本に来た旅人にそうありたい。ダニーデンではキャドバリーのチョコレート工場でお土産購入。(工場はその後閉鎖。)
〇翌日のフィヨルドは素晴らしかった。早朝フィヨルドに入り、午後までいくつものフィヨルドを航行。メインはミルフォードサウンド。アラスカやノルゥエーのそれよりもおだやかな感じのフィヨルド。水路の両側は1200M程の山が続きアラスカのインサイドパッセージにも似ている。船上は真夏の日差しが強く、暑いのでプールで泳ぎ水着姿でフィヨルドを眺めていたが、これが失敗。この時咬まれると猛烈な痒みが何日も続くサンドフライの攻撃にあっていた。日本から持ってきた痒み止めはほとんど効かない。帰国してからもぶり返すように痒みは続いた。恐るべしサンドフライ。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

  ホバート(タスマニア州)

満足

港にはちょうどシドニー・ホバートヨットレース1100Kmを終えた大小のヨットが帆を下ろし、疲れた船体を休めていた。今回大型の低気圧の影響でいつも荒天のバス海峡は最悪のコンディション。多くのヨットが離脱し、ホバートに着いただけでも快挙とのこと。倉庫街を土産物屋さんにした港周辺エリアを散策。食材の宝庫タスマニアで地元産蜂蜜を購入。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

  メルボルン(ビクトリア州)

とても満足

午前7時メルボルン港接岸。メルボルン在住のオージー(オーストラリア人)の友人が港まで迎えに来てくれ自宅でBBQのランチ。和牛に似た牛肉だと思ったらラム肉。思わずおかわり。船で嫌というほど食べているのに別腹。メルボルンも以前より中国からの移民が増えているとのこと。

寄港地観光:自分で 移動手段:  移動時間(片道):  移動費用(片道):

  シドニー

普通

この後ダイアモンドはシドニーから折り返しニュージーランドへ向かうが、次のクルーズは乗客2700人の内1400人が中国人とのこと。クルーズでも中国パワーがすごい。
下船後ホテルへ。いつものようにパディズマーケットでお土産を購入し翌朝のフライトで帰国。サンドフライに咬まれたところが猛烈にかゆい。かゆくなるたびにミルフォードサウンドを思いだす。

寄港地観光:観光していない

予約・手配に利用した事業者の対応や利便性はいかがでしたか?

とても満足

予約・手配の方法: ---

今回のクルーズは、どのような方にオススメですか?

ニュージーランドの南島、フィヨルド、オーストラリアのタスマニアへ行ってみたい方。暑いクリスマスと新年をすごしてみたい方。フレンドリーなオージー、キウィーと交流してみたい方。



もっと見る (1/2)

コメントを投稿する

プリンセス・クルーズ × オーストラリア・ニュージーランド、南太平洋のクルーズ旅行

最安料金 ¥7,000 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン