Cruisemansトップ   >   日本船   >   にっぽん丸   >   口コミ・乗船記   >   飛んでクルーズ北海道 Dコース 4日間

 CERTIFIED mr. ts's 9th time voyage

飛んでクルーズ北海道 Dコース 4日間

 2022-09-03   海側キャビン  1

4.30

Photo: 利尻島 沓形港に停泊中のにっぽん丸


クルーズ航程


なぜ、今回のクルーズを選ばれましたか?

2022年も日本発着の外国船クルーズのキャンセルが続き、にっぽん丸、飛鳥Ⅱ等の日本船で予約したクルーズも天候やCOVID-19の影響でキャンセルが連発していました。本クルーズは3泊4日で知床半島を周遊するということで発売直後に予約しました。以前から知床半島の先端を眺めてみてみたいと思っていましたのでこの機会を逃すことは出来ませんでした。「飛んでクルーズ北海道」としては連続するA~Dコース4回分の日程が組まれていましたが、週末を利用できるDコースを選択しました。


日本船の人気エリア


実際にご乗船されていかがでしたか?評価とご感想をお聞かせください。

  お食事、ダイニング

とても満足

小樽港から北海道内2港を巡るクルーズなので北海道の食材を豊富に使われていました。リドテラスでは「北海道フロア」として4日間に日替わりで北海道で有名なお店4軒のアイスを堪能しました。3日目の羅臼では地元の方々が運営する「羅臼ダイニング」で食事を摂る計画になっていましたが諸事情で昼食時の「わっぱ」での提供になりましたが海産物が沢山ありました。メインダイニング『瑞穂』では、20年以上「にっぽん丸」で働かれている「ジュン」さんに再会出来ました。夜食を考えてDinnerは1回目を選択しました。

  サービス、スタッフ

とても満足

にっぽん丸には3回目の乗船になるので船内環境にも慣れつつあるので日本的なおもてなしサービスにはほっとします。スタンダードステートがある1階はクルーの部屋にも近いようで早朝から出勤する風景が見られ、その際に元気よく挨拶してもらいました。フィリピン出身の若いクルーたちも教育が行き届いているので会話で困ることはありませんでした。今回の「飛んでクルーズ北海道」は4コースが連続して実施されるため休みを十分にとれるクルーは少なっかったのではないかと思います。

  お部屋

満足

可能な限り複数回クルーズ船に乗船したいので、今回は一番コストパフォーマンスの良い「スタンダードステート」が運よく予約出来ました。個人的にはベット毎にカーテンがあるため時間差がある生活スタイルでも気にせず過ごせるのが有難いです。今年2022年にシャワー、洗面台等がリニューアルされ使いやすくなりました。エンジン音、振動も感じず、1階なので揺れ幅も小さいように感じました。就寝時以外はあまり客室に戻らず、日中に景色を見るなら6・7階にいけば済むので何も問題ありませんでした。強いて上げればグランドバスとセルフランドリーから少し離れているということでしょうか。

  船内の施設、アクティビティ

満足

今回の『飛んでクルーズ北海道』4コースのうちC・Dコースのエンターテイナーはポップデュオのトワエモワのお二人が懐かしいメロディを披露されていました。「或る日突然」、「誰もいない海」、「虹と雪のバラード」等をトークを交えて45分ほどかけて謳われましたが、お二人とも年齢を感じさせませんでした。バックを担当されたメンバーの方が3名いましたが、ナイトスナックのテイクアウトでそのうちの二人とクルーズ話で談話しました。ハウスバンドの演奏も楽しかったですし、落語家さんの話は、4日目にマーメイドシアターで開催されたトークショーも含めて毎日楽しませてもらいました。個人的に一番お薦めするのはビンゴゲーム前に余興として演じられることが多い「南京玉すだれ」です。3名のうち一人が上手に出来ず笑いを取るのですが、わざと下手に扱う技であったら大したもんだと思います。今回のクルーズでは行われませんでしたが「ホースレース」も手作り感もあり若手メンバーが体力を使っています。


寄港地での移動や観光についてお聞かせください。

  小樽

普通

新千歳空港駅から快速エアポートに乗車し札幌駅で下車し、JRタワーホテル日航札幌のSKY-Jでランチ(事前予約)をとり集合時間に間に合うようにショッピング等に時間を使いました。小樽駅到着後は直ぐに駅前のシャトルバス乗り場から集合場所の小樽市民会館まで移動しました。COVID-19検査の結果が出るまでホールで90分ほど待機するのですがスクリーンに紹介ビデオを流されているだけでしたので退屈に感じた方が多かったようです。事前に船内新聞を配って頂けると待ち時間が楽しくなるのではないかと思いました。小樽帰港時は、台風11号の影響で出港時の第3号ふ頭からフェリーターミナルに近い勝納ふ頭に変更となったのでシャトルバスが小樽駅行きと小樽築港駅行きの2経路となり近い小樽築港行きのシャトルバスに乗車しました。

寄港地観光:観光していない

  利尻(北海道)

満足

利尻島と礼文島は以前に観光しているのでオプショナルツアーは申し込みませんでした。沓形港周辺を散策しました。沓形岬公園からも礼文島が一望でき、利尻町出身の作詞家である時雨音羽(しぐれおとわ)の詩碑もありました。キャンプ場が併設されており遠方から車や徒歩で来たキャンパーが楽しんでいました。フェリーターミナルは稼働していませんでしたが防波堤からにっぽん丸、利尻山の写真を撮りました。1日目に全国的な人気がある「らーめん味楽」とろろ昆布焼き醬油ラーメンチケットが配布されていたので開店時間少し前に到着するように出かけたところ、にっぽん丸乗船客以外も並ばれて長めの行列になっていたので、乗船客専用の臨時会場である「UMBALLON」で味わいました。にっぽん丸停泊場所から味楽まで徒歩約10分、UMBALLONは味楽から徒歩1-2分の距離でした。食べた後に味楽店舗前を通り過ぎましたが駐車場は満車で外で待たれている方がいました。にっぽん丸に戻る前に海産物直売店の㈱米田商店、利尻島で唯一のコンビニであるセイコマート沓形店に立ち寄りました。沓形港周辺には公衆トイレがいくつかあり綺麗にペンキが塗られている場所もありました。波静かな岸壁で釣りをしてる方に伺いましたが、サバの幼魚が回遊しておりサビキ釣りを楽しまれいました。結構釣れていました。

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

  羅臼(北海道)

とても満足

知床羅臼周辺も数回訪問しているのでオプショナルツアーは申し込みませんでした。羅臼漁港沖に停泊したので通船で羅臼漁港まで移動し、にっぽん丸乗船客専用の循環バスを利用しました。循環バスは、「羅臼漁港」→「知床羅臼ビジターセンター」→「道の駅知床らうす」→「羅臼漁港」の順で循環していました。先に「道の駅知床らうす」を訪問する場合は循環バスを利用するより徒歩で向かったほうが早いようです。「知床羅臼ビジターセンター」では知床半島周辺に生息しているクジラの骨格標本や動物のはく製が展示され、環境に関する情報も提示されていました。「道の駅知床らうす」では、新鮮な海産物が並んでいましたが船に持ち込む余裕は無かったので羅臼昆布を購入しました。「道の駅知床らうす」から羅臼漁港までは徒歩でもそれほど時間もかからないので通船に乗船する前にセイコーマートに立ち寄りました。

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

予約・手配に利用した事業者の対応や利便性はいかがでしたか?

とても満足

JCBトラベルに連絡しJTBクルーズに対して予約してもらっています。状況を定期的に報告してくれるので安心して任せています。

予約・手配の方法: 「JCBトラベル」を利用

今回のクルーズは、どのような方にオススメですか?

地元羅臼の観光船と異なり大きいので知床半島からは少し離れて航行しますが、その分は揺れも少なく天候にも大きく影響されないのでとにかく知床半島の先端まで見てみたいという方にはお奨めです。小樽発着の3泊4日のクルーズで新千歳空港とのアクセスが良い空港周辺にお住まいの方は乗下船日と同じ日数で楽しめると思います。


日本船の人気エリア


もっと見る (1/10)

コメントを投稿する

日本船 × 日本発着のクルーズ旅行

最安料金 ¥0 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン