Cruisemansトップ   >   ギリシャのクルーズ旅行   >   口コミ

ギリシャ の港の口コミ

4.16
コスタ・ファシノーザで2014年11月頃に ギリシャ ケルキラ島(コルフ島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

旧要塞のある島に行った後、街ブラしてました。名物レモンチェロを買いました。お店の人が英語でキンカンリキュールを薦めてくれましたが、家内がフランス語で「キンカンは好きじゃないの」って言ったらフランス語で一番美味しいレモンチェロを教えてくれました。ソーダ割りにしたらホントに美味しかったです😌💓
自力寄港地観光も2日目になると少し余裕がでました🎵

ギリシャに寄港する人気クルーズライン

コスタ・ファシノーザで2014年11月頃に ギリシャ ミコノス島 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

街の中心、リトルヴェニスまでシーバス(乗合船)があると調べてありましたが、コスタの日本人スタッフに季節外れで運行してないかも?と言われてシャトルバスを利用しました。カトミリの風車等見てから街ブラしてました。リトルヴェニスの夕陽が綺麗で感激しました😻😂👏
ミコノスの有名なペリカン君に会えなかったのが唯一の心残りでした😭

コスタ・ファシノーザで2014年11月頃に ギリシャ サントリーニ島 に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:10,000~15,000円

沖止め・テンダーボート上陸の上、季節外れで上陸地フィアからイア迄の路線バスの有無が不明だったので、やむ無く船のエクスカーションを利用しました😢 サントリービールの宣伝で使われていいる白い壁、青いドームのチャペルを見ながら、サントリーニの地ビールで🍻カンパイは格別で~す💑 帰りの下りロープウェイは一時間待ち😂
オンシーズンの時は 余裕をもって帰りましょうね❗




ノルウェージャン・ジェイドで2022年9月頃に ギリシャ ピレウス(アテネ) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):500円未満

 乗船前日早朝、クレタ島からフェリーで一晩かけてピレウスに移動してきて、前泊ホテルに荷物預け、ピレウス考古学博物館等見て多少観光しました。が、この日の最大のミッションは、乗船に必須の抗原検査でした。予めGoogle Map上でcovid testと検索し、ホテルの近くで評判の良さそうな検査施設の目ぼしをつけていたのですが、行ってみたら安くて吃驚。抗原検査して陰性証明書を発行してもらうのに、たった5ユーロでした。た... 続きを読む»

ノルウェージャン・ジェイドで2022年9月頃に ギリシャ ヴォロス に寄港

とても不満

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):無料

 正午に到着で、12:30には下船したのですが、20:30までに乗船となっていたにも関わらず観光スポット的なものが見当たらず、旅客ターミナルでゲットした地図を見ながら4時間ほど歩き回っただけでした。Volos Info Centerというところで情報収集しようとしましたが、港周辺というより、そこから遠くに行くような情報しか見つけられなかったです。クルーズ客で商売する気が全くない感じの普通の港町で、ヨットハーバー見ながら海... 続きを読む»

ノルウェージャン・ジェイドで2022年9月頃に ギリシャ ミコノス島 に寄港

不満

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):無料

 テンダーボートのチケットを7:00から配布するとのことで、Spinnaker Loungeへ。最初のテンダーボートに乗れる#1のチケットをゲット。ところが船からミコノスの朝焼けに見とれてたら、とっくにテンダー乗船が始まっていて、せっかく#1だったのにもたもたしてたら上陸が8:20過ぎになってしまいました。とはいえ、戻りの最後のテンダーボートは18:30なのに、結局14:00前には船に戻ってしまったので、もっと遅く出ても良かっ... 続きを読む»

ノルウェージャン・ジェイドで2022年9月頃に ギリシャ ロドス島 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):500~1,000円

 港に近いロードス騎士団のグランド マスターの宮殿等の地域と、リンドスのアクロポリスの両方を見たかったのですが、そういうツアーはアクティビティレベルが高いとされていて、高齢な母は追い付けなくなりそうなのでやめました。路線バスを使って先にリンドスへ行き、アクロポリス見た後に余裕があれば、戻ってグランドマスターの宮殿とか行ければいいや程度で、自分らのペースで観光することにしました。  7:30に下船し徒... 続きを読む»

ノルウェージャン・ジェイドで2022年9月頃に ギリシャ サントリーニ島 に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):1,000~2,000円

 母の要望は、フィラ付近とイアの青い屋根(よくガイドブックで見るアレ)を見たいだけだと言うので、ツアーには入らず、路線バスで移動することにしました。  例によって、テンダーボートのチケットは早めのをゲットしたのに、朝食をゆっくりしてしまって上陸した頃には9時になっていました。ロープウェイの行列に並んでいると、途中で他船(ロイヤルカリビアン)のカメラマンが記念写真の撮影スポット(浮き輪に日付が書い... 続きを読む»

クイーン・エリザベスで2022年10月頃に ギリシャ イラクリオン(クレタ島) に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

これぞエーゲ海という感じで島と海が綺麗。
クノッソス宮殿とかには行かず、丘の上から景観を楽しむようなツアーだったので、せっかくギリシャを訪れても街を歩いたり、現地の食べ物を食べたり買物もできなかったのが心残り。

シーボーン・アンコールで2022年6月頃に ギリシャ ピレウス(アテネ) に寄港

普通

寄港地観光:観光していない

アテネ滞在は以前に何度もしていますが、ピレウスから中心地までは少し離れているので、船がポートからバスでも出すとよいですね。

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):無料

前回、ポナンで巡りとても居心地の良い島だったので、のんびり散歩をして、美味しかったレストランに再訪。波の音を聞きながらランチを楽しんだ。

シーボーン・アンコールで2022年6月頃に ギリシャ ロドス島 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):10,000円以上

レンタカーで巡った。島がとても大きいため、車が必要。ポート付近は城壁以外は見るところもさほどないし、歴史の古い島なのでレンタカー以外というならば是非エクスカーションを利用すべし。

シーボーン・アンコールで2022年6月頃に ギリシャ サントリーニ島 に寄港

不満

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

滞在時間が短い、かつ、テンダーボード輸送のため時間がなかった。大型クルーズが3隻着ており、フィラの旧ポートからのゴンドラが人で溢れていて、帰りは歩いてポートへたどり着くしかなかった。炎天下、ロバさんが道をふさいでいたり、フンがあちこちにあり臭いがひどく、また、道がツルツルすべるため、とてもつらかった。この島は飛行機で行って、ゆっくり泊って楽しむところかと思う。

シーボーン・アンコールで2022年6月頃に ギリシャ スペツェス島 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):4,000~6,000円

小さな島なのでスクーターで廻り、静かなビーチでのんびりした。高級ヴィラが建ち並び、ホテルも美しいのでまた行きたい。ヨットレースが開催されており、セレブなイベントも行われている。こうした普段いけない島と出会えるのがクルーズの醍醐味なのではないかと思う。

満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

アテネに着いてピレウス港へ直行!即、乗船でしたが、帰港後にはアクアポリスのパルテノン神殿🏛をはじめとするアテネの定番観光がありました😍
第一回の近代オリンピックメインスタジアムではオキマリの「グリコポーズ」、無名戦士の墓では衛兵交代でカワイイ衣装の兵隊さんと勝手に記念写真も撮りました🇬🇷

プルマントゥール・ホライズンで2017年6月頃に ギリシャ ミコノス島 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

前回、11月にコスタで来た時にはシーズンオフで運休だったシーバス(乗り合い船)で街の中心リトルベニス迄10分のミニクルーズ🛥
着いて早速、前回時間が足りず諦めた港の「タベルナ」へ直行です❣️ 食べたかった干しタコのソテーとカラマリ(いかリングフライ)をミコノスの
地ビール🍻でカンパ~イ😍 その後、二度目のミコノスの迷路のような街を迷うことなくブラブラ👫 二度目の ミコノスの夕日を堪能しました🌅
この日はミコノス沖停泊だったので、翌日は終日航海日が無い今回のクルーズ唯一の船内を楽しむを一日をのんびりすごしました!

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

クルーズターミナルから路線バスで街の中心、市場迄直行🚌 市場前の広場のベンチでサンドイッチのランチタイム😻
何時ものように奥様が朝のビッフェで作ったサンドイッチ🍔と保冷水筒にキープしたオレンジジュース🍊 のノーコストランチ 😜
賑やかなショッピングストリートにはトルコ風の衣装のお店が⁉️ 地図を見るとトルコはすぐそばなんですね〜。 シリアの難民がトルコ経由で
ヨーロッパを目指す理由を納得出来ました。
この街の中心もリトルベニス! この海域のベニスの勢力はスゴかったのね〜⁉️

プルマントゥール・ホライズンで2017年6月頃に ギリシャ ロドス島 に寄港

とても満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

船は旧市街のクルーズターミナルに着岸。 添乗員さんの先導で旧市街散策へ。 マルタのバレッタのような十字軍の拠点だったそうです。
奥様はバレッタで買った十字軍のペンダントを付けて、すっかり【氣志團】気分?で騎士団のお城の散策。
街の中心で解散後、ランチを食べにタベルナ巡り!
日本語メニュー有りの看板に釣られて入ったレストラン、メニューを持って現れたのはおなかの大きな日本人の奥様😧オメデタですね👏
ギリシャ料理盛り合わせとギリシャビールでまたまたカンパ~イ🍻
その後、プチトランに乗って新市街巡り😍

プルマントゥール・ホライズンで2017年6月頃に ギリシャ パトモス島 に寄港

満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

パトモス島はキリストの弟子・使徒ヨハネが、かの有名な「黙示録」を書いた洞窟がキリスト教の聖地として有名な島‼️
夫婦そろってミッションスクールの出身なので、多少の知識はあります。ヨハネの洞窟と丘の上の修道院を見に行きましたが往復のタクシーは添乗員の粋な計らいでクルプラさんのオゴリでした🎵
なかなか貴重な観光が出来ました😄

プルマントゥール・ホライズンで2017年6月頃に ギリシャ サントリーニ島 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):2,000~3,000円

船から旧港まではテンダーボート🛥️ 旧港からはロバ🐎に乗って丘の上のフィアの街へ イアの街までは路線バス、2回目のサントリーニならではの自力観光🤑
一番人気の地中海の島を再び自力で堪能しました🎵

ギリシャに寄港する人気クルーズライン

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン