Cruisemansトップ   >   フッティルーテン

フッティルーテンの人気エリア

フッティルーテンのクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

フッティルーテンの口コミ、乗船記

フッティルーテンの写真

フッティルーテンのニュース

フッティルーテンの特集記事

フッティルーテンの客船

フッティルーテンの歴史・特徴   [ ]

フッティルーテンはノルウェーの北西へ人と物資を運送する定期フェリーサービスとして1893年に創業された。

同社の最初の客船MSヴェステローレン号(MS Vesteralen )は、1893年7月にトロンハイムからハンメルフェストを周遊した。

1893年7月2日、MSヴェステローレン号はトロンハイムから処女航海をおこない、35時間半をかけて7月3日にスヴォルバルに到着、67時間後の7月5日にハンメルフェストに到着した。 この処女航海の船長は創業者であるリチャード・ウィズ(Richard With)であり、このルートをフッティルーテン(沿岸急行)と名付けた。

ノルウェーの西海岸はフィヨルドなどに覆われ、沿岸の村々は孤立していたため、フッティルーテンがフェリーサービスをおこなうことは非常に大きな意味があった。

当時、ノルウェー中央部からハンメルフェストへの手紙は夏だと3週間、冬だと5ヶ月を要したが、フッティルーテンのフェリーサービスでたった7日間の所要日数での郵送が可能となった。

その後、他フェリー会社もこの航路の利用を開始、南西のベルゲン〜北東のキルケネスまでに航路を伸ばすこととなった。

フッティルーテンはノルウェー政府から補助を得てサービスを運営していたのだが、地元客の利益のためにより他のフェリーサービス会社とフラットな競争を目指すことを目指して、2017年に方針が変更された。


フッティルーテンの船内施設・アクティビティ   [ ]

まだ情報がありません

フッティルーテンの食事・レストラン   [ ]

ダイニング

周遊コースを利用の乗客は、ダイニングは全てインクルードであり、朝食・昼食はブッフェスタイルでオープンシーティング。 ディナーは予約制で3コースメニュー。

カフェ

24時間営業のカフェがあり、ショートトリップの乗客は主にこのカフェを利用することが多い。


フッティルーテンのドレスコード   [ ]

まだ情報がありません

フッティルーテンの客船・客船クラス   [ ]

最新客船

2016年6月、フッティルーテンは新型エクスペディション・クルーズシップの2隻の造船契約をおこなった。 この最新客船は、極地探検クルーズを可能とするもので、世界初となるハイブリッド電気システムのクルーズ客船となる。

MSロアール・アムンセン(MS Roald Amundsen)

2019年に完成予定でキャビン数265室、乗客530名のハイブリッド電気システム極地探検客船

MSフリチョフ・ナンセン(MS Fridtjof Nansen)

2020年に完成予定でキャビン数265室、乗客530名のハイブリッド電気システム極地探検客船。

2018年10月、フッティルーテンは3隻目の新型エクスペディション・クルーズシップの造船契約を発表。 この最新客船は、同社1隻目のハイブリッド電気システムの客船で2019年就航予定の客船ロアール・アムンセン(Roald Amundsen)、姉妹船となる客船フリチョフ・ナンセン(Fridtjof Nansen)の客船デザイン、エンジニアリング、テクノロジーなどをベースにして建造される。乗客530名の客船となり、2021年の第2クオーターに造船所から受け渡しとなる予定。




非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン