Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   ユニワールド・ブティック・リバー・クルーズ・コレクション

ユニワールド・ブティック・リバー・クルーズ・コレクション

3.27

概要

ユニワールド・ブティック・リバー・クルーズ・コレクション(Uniworld Boutique River Cruise Collection)は、1976年にユーゴスラビアの起業家Serba Illichによりロサンゼルスで創業。2004年からは世界的なトラベル&レジャー企業のトラベル・コーポレーション(TTC)が親会社となっている。 トラベル・コーポレーションが親会社となってから最新客船の造船や既存客船の改装に力を入れるようになり、2014年に客船S.S.アントワネット(S.S. Antoinette)、客船S.S.キャサリン(S.S. Catherine) を全面改装し、客室の拡張、アルフレスコ・ダイニング、バー付きスイミングプール、大理石バスルーム、ボタンタッチでバルコニーのウィンドウの開閉が可能なタッチ・ウィンドウの導入などをおこなった。

ユニワールド・ブティック・リバー・クルーズ・コレクションは毎年500以上のリバー・クルーズ・航程、20カ国以上のオペレーションをカバーしている。クルーズ航程の期間は大体7日間から1ヶ月となり、ブティック・ホテル・スタイルのクルーズを体験できることが特徴となっている。

船内の特徴

客船内デザインが特徴的で、これは長年業務提携を続けるレッド・カーネーション・ホテル・コレクション(Red Carnation Hotels)による、水上のブティック・ホテルを連想させる、クラシカルでヨーロッパ調、エレガントな船内デザインとなっている。

水上のブティック・ホテルを思わせる客船内デザインはカラフルでダイナミックな雰囲気が特徴。これは長年業務提携を続けるレッド・カーネーション・ホテル・コレクション(Red Carnation Hotels)によるもので、クラシカルでヨーロッパ調、エレガントな船内デザインとなっている。

全客室とパブリック・ルームの家具などにおいてもハイ・スタンダードなものとなっていて、アンティークな雰囲気に、フラット・スクリーン・テレビ、落ち 客室内ベッドはSavoirブランドで統一されている。 船内アメニティはロクシタンとエルメス。

料金体系

ユニワールド・ブティック・リバー・クルーズ・コレクションのクルーズ代金にはランチとディナーの際のソフトドリンク、ビール、ワイン、バーでのスペシャリティ・ティー・コーヒー、客室内のボトル・ウォーター、ダイニング・オプション、寄港地観光、空港送迎がインクルードである。

中央ヨーロッパ、西ヨーロッパがマーケットの中心だが、メジャーなクルーズ・ラインや中国、ベトナム、エジプト、ポルトガルなどのトラベル・グループとも提携し、マーケットの拡大を続けている。

食事

ダイニングはオープン・シーティング。朝・昼はブッフェ形式で、アフタヌーンティーはラウンジでサーブされる。

ニュース

近年のプラスチック製品による海洋汚染を受けてユニワールド・ブティック・リバー・クルーズ・コレクションは、ストロー、ボトル・ウォーター、プラスティック製バッグなど60種類の使い捨てプラスチック用品を2022年までに禁止すると発表している。

ニュース

乗船履歴・口コミ

ブログ記事

客船

リバー・ビクトリア
リバー・ビクトリア
River Victoria
SSキャサリン
SSキャサリン
SS Catherine
リバー・ダッチェス
リバー・ダッチェス
River Duchess
リバー・トスカ
リバー・トスカ
River Tosca
リバー・クイーン
リバー・クイーン
River Queen
リバー・アンバサダー
リバー・アンバサダー
River Ambassador

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン