Cruisemansトップ   >   アジアクルーズ   >   日本   >   舞鶴   >   口コミ

舞鶴 への寄港の口コミ

4.01
セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):500~1,000円

西舞鶴駅までは無料シャトルバスを利用。JRで東舞鶴駅まで行き、レンタサイクルを利用し、赤れんがパークや海軍記念館を見学した後、五老ケ岳に上り近畿百選に選ばれている俯瞰的な景色を満喫しました。クルーズターミナルに戻ってからは空いた時間に港界隈のお寺を散策し、とれとれセンターにも行きグルメしました。

舞鶴に寄港する人気クルーズライン

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):1,000~2,000円

シャトルバスで舞鶴港から西舞鶴駅まで行きそこから天橋立に向かいました。当初、西舞鶴駅までのシャトルバスは有料とのことでしたが、無料になっていました。舞鶴港関係の皆様ありがとうございます。天橋立行きの電車は本数も少なく車両数も少ないので、クルーズ客で大混雑でした。
舞鶴港の幼稚園児のお出迎えや夜遅いお見送りなどが嬉しかったです。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):1,000~2,000円

定番の天橋立に行きましたが、車以外でのアクセスのための交通手段は運行本数が極めて少なく、移動にストレスを感じます。ビューポイントの「天橋立ビューランド」に行きましたが、頂から天橋立を楽しむ以外は特段特徴のないところでした。ただ、久しぶりにリフトを利用したのは意外と楽しかったです。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

今回のクルーズで良かった点は横浜から各寄港地の案内の方が乗られていてパンフレットや観光案内をしてくれたことでした。北九州以降の寄港地の予定は何も考えていなかったのでとても助かりました。
で、舞鶴港からのまち歩きというパンフレットをもとに寺町ルートを散策し、それに載っていた農人橋という江戸時代から残る橋のそばにある「山づき」というレストランで食事をしました。地元の方もランチに来ていて、とても美味しかったです。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):

友達が車で迎えにきてくれて観光に案内してくれて、海岸が見える日本料理のお店でお刺身定食を食べた(2,500円)。
赤松号という、三保の松原を裏から見るJRの列車に乗車して観光した。(40分くらい乗車)飲み物とかは車内で販売があって、缶バッチをお土産にもらえた→西舞鶴駅まで。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500円未満

シャトルバスで西舞鶴駅に着き、東舞鶴行きのJRの待ち時間を利用して田辺城を見学したが歴史的な意味は別として見どころはあまりなかった。
東舞鶴駅からは徒歩で北吸トンネルを通り赤れんがパークを訪問。
海軍カレーを食べ少し休んだあとバスで西舞鶴駅に移動して船に帰った。
次回機会があれば寺町を散策したい。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

舞鶴では港から最寄り駅西舞鶴駅までシャトルバスで出てそこから電車に乗って東舞鶴駅で下車し赤レンガパークまで行きました。赤レンガパーク近くから西舞鶴駅に行くバスがあったのでそれを利用。まだ出港までに時間があったので地元の銭湯に入ったり、焼肉を食べたり...一人を満喫しました。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:10,000~15,000円

外国人は京都を目指す方も多かったかも知れないが、我々日本人にとっての目玉は、天橋立です。
観光の方は画像に譲ります。
観光を済まして、港に帰って来た所、釜山への出国審査の為、船外に長蛇の列が出現していました。
時間つぶしの為、《道の駅》舞鶴港とれとれセンターに足を運びました。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年9月頃に 舞鶴 に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:10,000~15,000円

ここも初めての舞鶴でしたのでツアーで行きました。ガイドさんがとても親切で丁寧なガイドをして下さいました。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):500~1,000円

乗船前に観光。
近場に田辺城や桂林寺など観光スポットがある。さらにレンタカーで15分程度で赤れんが博物館や子ども向け施設「あそびあむ」があり、家族連れには最高のスポット。
また、ふ頭上屋内にレンタルサイクルやお土産店、観光案内所などが充実している。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:観光していない

地元なので観光はしていませんが、五老スカイタワーからは舞鶴湾が一望出来ます。舞鶴赤れんがパークや引き揚げ記念館もおススメです。レンタサイクルも充実しており、城下町舞鶴をお楽しみいただけます。
また、近隣の天橋立、伊根の舟屋、福知山城、あやべグンゼスクエアなど、たくさんのお薦めスポットがあります。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 舞鶴 に寄港
寄港地観光:その他

舞鶴からの乗船だったので、マイカーで周辺を観光した。こんなことが出来るのも、舞鶴港に無料駐車場を確保してくれているから。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:観光していない

乗船しました。
他の港と比べると乗船・下船ともかなりスムーズでした。
待ち時間がほとんどなく、下船も10分ほどでした。

港にはレンタサイクルもありぐるりと回るには便利そうでした。

コスタ・ネオロマンチカで2019年8月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:その他

舞鶴港から乗船しました。
無料の駐車場がターミナルのすぐそばにあるので、地元民は、家から1時間で乗船できます。
乗船前観光のおススメは、五老スカイタワーです。美しい舞鶴湾と今から乗るコスタネオロマンチカを山の上から見ることができます。

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:観光していない

発着地でかつ近所なのでクルーズ中に観光はしていません おすすめとしては、 1.停泊している西舞鶴で寺院巡り 2.西舞鶴から東舞鶴に移動して赤レンガ倉庫めぐりと海軍カレー  土日の停泊なら自衛隊の艦船への乗船や、遊覧船もあります。 3.近場では、舞鶴港とれとれセンターで地の魚を食す。(徒歩15分ほど) コスタネオロマンチカのお食事では生のお魚料理はありません。 生魚が恋しくなった方にはお勧めです。 交... 続きを読む»

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 舞鶴 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):1,000~2,000円

レンタカーをあらかじめ予約しておきました。
オリックスレンタカーさんで、港から店舗まで無料送迎をしてくれます。

舞鶴引揚記念館→天橋立を観光しました。
天橋立までは車で1時間かかります。
早めの行動をした方が良いと思います。

舞鶴は車がないと、観光しづらいと思います。
レンタカーを手配して正解でした。

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):無料

舞鶴発着だったので、舞鶴港に自宅から自家用車で行き、クルーズ中の駐車場代無料は嬉しかったです。
舞鶴発が22時、乗船手続きが16時だったので、早めに自宅を出て伊根の舟屋を観光しました。
クルーズで一緒だった人は、天の橋立と伊根の舟屋のエクスカーション(オプショナルツアー)が人気でした。

コスタ・ネオロマンチカで2019年7月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):500~1,000円

舞鶴での乗船前に「近畿百景」第一位とネットで紹介されている五老ヶ岳公園へ。舞鶴湾を見渡せる絶景でこれから乗船するコスタネオロマンチカを見てテンションがさらにアップ。船内で仲良くなった方に聞くと、天橋立と伊根の舟屋が良かったと。

コスタ・ネオロマンチカで2018年8月頃に 舞鶴 に寄港

とても満足

寄港地観光:その他

クルーズ添乗員で地中海、バルト海、アラスカなど様々な海域をエスコートしますが、舞鶴のリアス式海岸の約1時間にわたる入港シーンは、バルト海ストックホルム、アラスカインサイドパッセージクルーズなど負けじ劣らない海洋国家日本らしい入港シーンがご覧になれ、コスタ入港シーンでも一押しです。各港にはクレーン、コンテナなどがあり自ら乗船している船体と自分たちの記念写真が撮影できる数少ない港。しかも西日が差して無料駐車場あたりからは絶好のフォトジェニックです。又近くのとれとれセンターでは各店舗で購入したサザエ、大あさり、サバなど店が購入後焼いてから出してくれ一押しのグルメゾーン 船内食事に少し飽きてきた頃に冷酒と共に、最高でした!イタリアクルーズ船でも内航航路なのでこんな楽しみかたもできます。又港には親切な案内人の方々が沢山いらっしゃっり教えて頂いた港から5分の豊寿司も舞鶴港近くで最高でした!

コスタ・ネオロマンチカで2018年8月頃に 舞鶴 に寄港

とても不満

寄港地観光:観光していない

キャビンの寒さで風邪をひいて寝ていました。

舞鶴に寄港する人気クルーズライン

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン