Cruisemansトップ   >   キュナード・ライン   >   クイーン・アン   >   口コミ・乗船記   >   8days 7night Maiden Voyage Southampton round trip

 CERTIFIED mr. jun's 15th time voyage

8days 7night Maiden Voyage Southampton round trip

 2024-05-03   海側バルコニー  3

3.37
子供の頃は世界を回る船乗りを夢見ていましたが理数系と意志が弱く早々に断念、一般企業で事務屋をやっていました。 初めてのクルーズは2007年のギリシャ・エーゲ海3泊4日クルーズでしたが、目覚めたのはその6年後、飛鳥Ⅱ「クリスマスワンナイトクルーズ」に乗船してからで、その後は年に数回楽しんでいます。

Photo: ポルトガルのリスボン港に停泊中のクイーン・アン号です。


クルーズ航程


なぜ、今回のクルーズを選ばれましたか?

クルーズ客船業界の名門キュナード・ラインが、クイーン・メリー2号以来10年振りに新造した船の処女航海ということで是非乗船したいと思いました。



実際にご乗船されていかがでしたか?評価とご感想をお聞かせください。

  お食事、ダイニング

不満

処女航海ということである程度の混乱は覚悟していましたが、ブリタニアレストランでの初日、2日目のディナーサービスは最悪でした。
メニューは待てど暮らせど持ってこない、料理の配膳は前菜が来る前にスープを持ってくる、主菜が食べ終わっても10分以上皿を片付けずデザートの注文を取りにも来ないなど、これまでのクルーズでは経験していない事態にあきれ返りました。
まあ、後半になると、乗船客も有料レストラン等に分散して集中しなくなったせいか、ある程度落ち着いて来ましたが、はっきり言って、準備不足のままの運航だったと思います。
また、ビュフェ方式のアーティサンズ・フードホールというレストランは皿を持って料理を自由に取る方式では無く、ほとんどの品がスタッフに頼んで希望の品を皿に盛って貰う方式になっていました。
食品ロスを無くすには良い形なのでしょうが、1品でもスタッフに言わないと手に取れず、語学力に欠ける私には非常に面倒だった上、品数も少なく感じました。
なお、料理の味は落ちていないようでした。

  サービス、スタッフ

不満

ディナーは1回目の2人席を要望していたのですが、オープンシーティングに変更されていました。
それでもサービスが良ければそれなりに満足したのですが上記の内容でガッカリです。
また、キャビン担当のスチュワードは多くの人が明るくきちんと挨拶してくれましたが、レストランのスタッフやウィエイターは教育不足なのか、忙し過ぎるのか、愛想も悪く不愉快な人が多かったです。
なお、新造船のせいで不具合が有ったのか電話機の回線チェックとか言ってサービスマンが二度も部屋に入ってきました。

  お部屋

  海側バルコニー

普通

海側バルコニーの部屋を取りましたが広さはクイーン・エリザベス号の部屋より僅かですが狭く感じました。
これはバスルーム(シャワーのみ)を少し広げたせいかと思われ、クローゼットも僅かですが狭く、私には使い難く感じました。
なお、シャワーはハンドタイプでアクリル板で囲まれた半個室タイプになっており、これは非常に使い易かったのですが、洗面台のシンクは小さいかったです。

  船内の施設、アクティビティ

普通

クイーン・エリザベス号と比較して船内の印象は全般的に白が基調になっていました。
船体自体も大きくなっているのでロイヤルコートシアターやレストラン、ゴールデン・ライオン・パブ等は広くなっていましたが特段美的に優れているという感じは無く、逆にクイーンズ・ルームは狭くなっているのは意外でした。
また、フィットネス施設がデッキ1になって海が見えなくなっていた他、デッキ3のプロムナードデッキにはライフボートが設置されてしまった為、眺望に欠け、海を見ながら優雅に歩く場所では無くなっていました。
その為、私にはデッキ9の全天候型のパビリオンプール以外、これといって感心する施設はありませんでした。


寄港地での移動や観光についてお聞かせください。

  サウサンプトン

満足

ヒースロー空港からサウサンプトン港までは旅行社手配の車でした。
乗船したメイフラワー・クルーズ・ターミナルは、以前からキュナードが使用している埠頭ではなく港の奥に有りました。

寄港地観光:その他

  ア・コルーニャ

とても満足

小雨が降る日でしたが、ツアーバスでア・コルーニャ港から1時間少々行った部落に行き、サンティアゴ・デ・コンポステーラ大聖堂への巡礼の道を4km程歩いた後、再びバスで大聖堂に行きました。
大聖堂内の自由見学では並んで祭壇内も見る事ができ良かったです。

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:5時間以上  費用:20,000~30,000円

  リスボン

とても満足

リスボンは2度目の訪問でした。
船から無料のシャトルバスで市内の中心部まで行き、その後、トラムに乗って30分程のジェロニモス修道院や発見のモニュメントを内部を含めて見学しました。
ベレンの塔にも歩いて行きましたが、見学者が長蛇の列で内部見学は諦め、再びトラムで中心部に戻り、歩いて泥棒市を見物しました。
天気も良くて楽しかったです。

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):1,000~2,000円

予約・手配に利用した事業者の対応や利便性はいかがでしたか?

満足

当初、今年の1月の予定だった処女航海が延期された後、情報が全く入らず中止か再延期かと気をもみましたが、出発1カ月程前からの連絡はスムーズでした。

予約・手配の方法: 「クルーズプラネット」を利用

今回のクルーズは、どのような方にオススメですか?

処女航海というので、出入港時に華やかな行事を見られるかなと期待していたのですが、命名式は6月に実施と聞いて正直なところガッカリしました。
また、クイーン・アン号は11万3千総トンという大きな船の割りには波が高いと揺れが目立ちましたし、調度品も豪華では有るものの気品はあまり感じられず、冷たく言ってしまうとキュナード・ラインが造ったカジュアル船に近いレベルの船だと思いました。
その為、気楽にキュナード船を楽しみたい方向きで、リピーターの方は期待せずに乗るか、良いサービスを期待するならグリルクラスの部屋でないとキュナードらしさを感じらないのではないでしょうか。
私は、お金や時間が有ってもこの船で世界一周したいとはいう気にはなりませんでした。



もっと見る (1/2)

TOTAL VOYAGES 15
mr. jun
GENERATION Baby Boomers
CLASS Gold
TOTAL VOYAGES 15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
SIGNATURE jun
This card has been issued by Cruisemans Inc.
mr. jun 子供の頃は世界を回る船乗りを夢見ていましたが理数系と意志が弱く早々に断念、一般企業で事務屋をやっていました。 初めてのクルーズは2007年のギリシャ・エーゲ海3泊4日クルーズでしたが、目覚めたのはその6年後、飛鳥Ⅱ「クリスマスワンナイトクルーズ」に乗船してからで、その後は年に数回楽しんでいます。

コメントを投稿する

キュナード・ライン × 西ヨーロッパ、イギリス・英国のクルーズ旅行

最安料金 ¥57,556 ~/1日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン