Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   ポナン

歴史・概要

ポナン(Ponant)は、フランスのヨット・クルーズ、エクスペディション・クルーズのクルーズラインである。

1986年、フランスの商船オフィサーをしていたジャン・エマニュエル・ソーべ(Jean Emmanuel Sauvée)がフランス人マーケットに向けて、フランス文化を感じながら楽しむクルーズ旅行を実現させたいという夢を叶えるために始動。

1988年、23歳〜29歳の元フランス商船勤務の若者達14名が株主となり、ラ・カンパニー・デュ・イル・デ・ポナン(La Compagnie des îles du Ponant)として、創業。

1989年、ル・ポナン(Le ponant)プロジェクト始動。2年後の1991年5月にポナンの象徴でフラッグ・シップとなる3本マストのプライベート・ヨット客船、ル・ポナンが完成。

処女航海は探検家コロンブスに思いを馳せる、カリブ海に浮かぶ島々に向かうクルーズであった。

1998年11月、客船ル・レバン(Le Levant)、2003年に客船ル・ディアマン(Le Diamant)を買収し、規模を拡大。 2004年にはフランスのコンテナ物流企業であるCMA CGMが大株主となり、オフィスをマルセイユに構え、同時に社名をラ・カンパニー・デュ・ポナン(La Compagnie du Ponant)へ変更。

2007年革新的な新造客船の建造に着手。2009年に客船ル・ボレアル(Le Boreal)を建造。 2011年には客船ロストラル(L'Austral)、2013年にはル・ソレアル(Le Soleal)が姉妹船として就航。 2014年には社名をポナン(Ponant)変更。 2015年4月にはル・リリアル(Le Lyrial )が就航。 2015年秋にはフランスの世界的有名な投資グループで、グッチやアレキサンダー・マックイーンなどの高級ブランドが属するアルテミス・グループ(ARTÉMIS Group)の傘下となった。

特集記事

ニュース

乗船履歴・口コミ

ブログ記事

客船

ル・ベロ
ル・ベロ
Le Bellot
ル・ケルゲレン
ル・ケルゲレン
Le Kerguelen
ル・ボレアル
ル・ボレアル
Le Boreal
ル・デュモン・デュルヴィル
ル・デュモン・デュルヴィル
Le Dumont dUrville
ル・シュルビル
ル・シュルビル
Le Surville
ル・リリアル
ル・リリアル
Le Lyrial

クルーズ商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン