Cruisemansトップ   >   オーストラリア・ニュージーランド、南太平洋クルーズ   >   フランス   >   タディーヌ(マレ島)

タディーヌ(マレ島)のクルーズ旅行

3.92

タディーヌ(マレ島)に寄港する人気クルーズライン

タディーヌ(マレ島)のクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

タディーヌ(マレ島)の写真

タディーヌ(マレ島)への寄港の口コミ評判

ボイジャー・オブ・ザ・シーズで2018年2月頃に タディーヌ(マレ島) に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

天候が悪かったので、良い印象がありません。
海は綺麗ですが何も無い所です。
他の島が素晴らしいのであまり感激しませんでした。

この日から天気が怪しくなって来た。
雨が降ったり止んだり。
取り敢えずテンダーボートで上陸。
歩いて-時間 程度で着ける自然水族館(洞穴にできた白然のアクア リウム)に行くことにした。
歩いても、歩いてもなかなか 着かない!
行って来たそうな人に聞いて見た?似たような洞穴ばかりなので良く分からなかった!
確かに同 じような洞穴ばかりでした。
1時間歩いて着いた所で 写真を撮って引き返す。
結果港の前が1番椅麗でした。
帰りは土砂降りの雨、船に戻りジャグジーで休息。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズで2018年2月頃に タディーヌ(マレ島) に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:2~3時間  費用:2,000円未満

Transportation for Yejele Beach: $15;【選定の理由】マレ島にはこのイクスカーションのみ。美しいビーチに期待しました。
寄港地観光の詳細
【イクスカーション内容】ビーチへの往復送迎のみです。朝一番にテンダーボートに乗り、タディン埠頭へ。埠頭から二人だけシャトルバスに乗りイェジェレ・ビーチまで。ビーチで1時間程過ごし、埠頭へ戻りました。
【感想】ビーチに一番乗りし、砂浜にある木陰を選んでビーチマットを敷き、美しい砂浜の景色を満喫しました。美しいビーチでゆっくり過ごせたと言う点ではこれがこのクルーズの目玉でした。<お勧め>ビーチには適当な木陰が余り見当たりません。いかにしてビーチマットを敷く木陰(いわば基地用スペース)を確保することがポイントです。もちろん、ビーチで食べるお菓子も用意です(笑)。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズで2018年2月頃に タディーヌ(マレ島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):1,000~2,000円

朝から虹を見ることができ、なんとなくウキウキの島でした。
テンダーボートでマレ島へ。そこから、シャトルバス(15ドル/人)でYejek Beachへ行き、シュノーケリングしましたが、台風が近づいて波が荒く、魚は少ししか見ることができませんでした。海は透きとおっていて、とてもきれいです。入り江では、カメを見ることも出ました。帰りに、桟橋近くでのシュノーケリングをすすめられ、再度挑戦。桟橋では、たくさんの魚を見ることができたので、シャトルバスを利用してビーチまで行かなくても、シュノーケリングはできると思います。泳ぐのが目的であれば、ビーチはおすすめです。
もう一つのおすすめは、なんとビールが3ドルでいただけました。

パシフィック・ジュエルで2015年7月頃に タディーヌ(マレ島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

テンダーでビーチに上陸しました。曇っていましたが、それでも海の色はとても綺麗でした。
プライベートビーチのようなところで、クルーズ客の他には誰もいませんでした。
ビーチへは部屋に置いてあるビーチ用のタオルを持って行けます。

パシフィック・ジュエルで2015年7月頃に タディーヌ(マレ島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

これまた、クルーズ船でなければどうやって来るんだ(多分本島の空港からセスナか、更にボートで乗り継ぎ)、というようなビーチ。
といってもクルーズ客には慣れているのだろう、売店等はちゃんとある。
ビーチは流石に綺麗。泳ぐのも砂遊びも昼寝も何もしないのもいい。贅沢な休日。

タディーヌ(マレ島)の寄港スケジュール

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン