Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   クロアチアのクルーズ旅行

クロアチアのクルーズ旅行

4.37

クロアチアに寄港する人気クルーズライン

クロアチアに寄港するクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

クロアチアのクルーズ旅行の写真

  • ドブロブニク ( by mr. kuroda5029 )
  • ドブロヴニクの港を離岸。飽くまで風景... ( by mr. shiawasemon )
  • ドブロブニク  ( by mr. seaday )
  • ドブロブニク ( by mr. seaday )
  • ドブロブニク ( by mr. seaday )
  • ドブロブニク (クロアチア) ( by mr. seaday )
  • ドブロブニク 出港 ( by mr. seaday )
  • ハバール 停泊中のポナン ( by mr. seaday )
  • ハバール (クロアチア) ( by mr. seaday )
  • ドブロヴニク。城塞都市。噂には聞いて... ( by mr. shiawasemon )
  • コルチュラ(クロアチア) ( by ms. fwk )
  • スプリット出港の風景。 ( by ms. krn )
  • スプリットの鐘楼は一際高いです。 ( by ms. krn )
  • スルジ山の展望台から見たドヴロブニク... ( by mr. jun )
  • ドブロブニクの教会 ( by mr. daikiyamada )

クロアチアへの寄港の口コミ評判

コスタ・デリチョーザで2019年8月頃に クロアチア ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):4,000~6,000円

クルーズのシャトルバスは時間と費用から利用しないこととしましたが、時間が限られているため、タクシーでまわりました。クルーズを降りるとタクシーがたくさん待っていて、スルジ山~パニエビーチ~プロチェ門を1時間ほど@55€でまわってもらいました。(途中で写真を撮る時間を設けてほしいこともあらかじめ伝えました)ケーブルカーも利用できましたが、混雑具合や営業時間を吟味した上でタクシーに決めました。
城壁はプロチェ門からイヴァン要塞まで歩き(1時間弱)、その後、城壁内の街を散策し、またタクシーでターミナルまで@10€で戻りました。

コスタ・デリチョーザで2019年8月頃に クロアチア ドゥブロヴニク に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:2,000~5,000円

とにかく滞在時間が短くせわしい観光だった。自力で高台から眺めた上で街中を動き回るのは大変なのでツアーでよかったと思う。それでも自由行動は1時間なくて残念だった。

セブンシーズ・ボイジャーで2019年7月頃に クロアチア スプリト に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:5時間以上  費用:10,000~15,000円

クルカ国立公園 水着持参をおすすめします。尾瀬のようなハイキングを楽しめました。

セブンシーズ・ボイジャーで2019年7月頃に クロアチア ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:無料

シーカヤックとシュノーケリングでアドリア海を堪能。
夜は自分で予約をしたレストランでお食事。RestaurantDubrovnik

MSアマデウス・クイーンで2019年7月頃に クロアチア ヴコヴァル に寄港

不満

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

寄港地観光 Excursion to Vukovar and Kopacki Rit Nature Park: 14:30-19:00;€56; 【選定の理由】30年前のクロアチア紛争において起こったヴコヴァル虐殺事件の説明を聞きたかったこと、コパチュキ・リトゥ湿地帯の絶景を実際に眼にしたいと思いツアーを選びました。 寄港地観光の詳細、アクティビティ 【イクスカーション概要】コパチュキ・リトゥ湿地帯を小ボートに乗って巡りました。コパチェーヴォの村では漁師の家を訪れ、漁具の説明を受けました。また果実... 続きを読む»

コスタ・ルミノーザで2018年11月頃に クロアチア スプリト に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

スプリトの街も港から歩いて行けます。温厚な気温と、リゾートの雰囲気を持ち合わせた素敵なところでした。地下城塞は映画の撮影にも使われたほど、荘厳な雰囲気でした。
ここでも電気自動車式トゥクトゥクみたいな乗り物で、街中をのんびり回ってもらいました。
昼食も、船内とはまた違った雰囲気で地元の人で混雑しているレストランを選び、みんな大満足です。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン