Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   中東クルーズ   >   オマーン   >   マスカット

マスカットのクルーズ旅行

3.94

写真

マスカットへの寄港の口コミ評判

プルマントゥール・ホライズンで2018年12月頃に マスカット に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

午後からのツアーで ゆっくりいけましたが、ほかの客の服装が悪くモスクの中の見学はできませんでした。ちゃんと用意していっただけに残念です。船の中でも服装の注意は表示されていたのに真剣に用意していた人が 少ししかいなかったので 取りやめになったと思います。
スペイン船らしさかもしれません。
今回は 英語のツアーに入れてもらえなかったので スペイン語の説明でした。
重要な集合時間などは教えてもらえました。
オマーンは知らないことばかりですが、やはりアラビアンオイルマネーの豊かな国です。
大きなビルや整備された車道のある新市街が急に発展しているそうで マスカットは都会もありました。旧市街は雰囲気があります。
王宮を訪ねたのは日が落ちてからでしたが らいとアップされ素敵でした。

プルマントゥール・ホライズンで2018年12月頃に マスカット に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:5,000~10,000円

有名なモスクなどを回ったのに、一緒に行った、客の服装が悪くモスクの中に入れなかったのが残念。
ちゃんと注意事項が書かれているのに、見ていないようで 大体用意がないらしく、用意をしていた自分たちまで巻き添えを食ってしまった。イスラムに合わせた服装の用意はしていかないと損をしてしまう。
最後に市場で時間があったので アラブのスークらしいところがみられてよかったと思う。

MSCスプレンディダで2018年11月頃に マスカット に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

2回目のマスカット。初めての時は、スエズ運河の寄港地でした。何となくの土地感もあり、歩いて観光することにしました。ターミナルを出ると、港で魚釣りをしている人たちがいて、大きな魚がいて、しばらく見ていました。魚市場に行き、海岸沿いを歩き、スークへ。たくさんの観光客で、ごった返している感じでしたが、日本にはない市場の雰囲気を味わうことができました。スークからの帰りスケッチをしていると、別のクルーズ... 続きを読む»

MSCスプレンディダで2018年2月頃に マスカット に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

初めての国だけにここだけ期待がありました
いちばん大きなバザールまでは港から判りやすい広い道を行きます 皆ぞろぞろ歩いているので迷うことはありませんが途中で若い通行人に英語で聞いてみますと英語で丁寧に道順を教えてくれました
バザール(写真)は巨大で活気にあふれトルコのビッグバザールに似ています 船からのツアー客もたくさん来ていました 価格は交渉ですがドバイより格段に安いです 小物のお土産をたくさんゲットしました ドルでOKです

セレブリティ・コンステレーションで2016年12月頃に マスカット に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

オマーンの首都マスカットの玄関口にあたる港町。ドバイやアブダビのような高層ビルもなく、本当に地味なアラビアの街であった。港にあった魚市場や野菜市場を散策。その後歩いて地元のお土産屋・雑貨店が集まっているバザールへ。バザールは迷路のように道が入りくんでおり、日本の昭和の公設市場を想わせるような雰囲気で、懐かしい気持ちになった。治安は良かった。

コスタ・ネオリヴィエラで2015年11月頃に マスカット に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):2,000~3,000円

スークがあるマトラ地区は港から徒歩で移動可能。オールド・マスカット、グランド・モスクなどはタクシーを使います。周遊2階建てバスも走っていました。地元の人が使う安いミニバスは乗り場に表示がなく、停車中の運転手に行き先を聞くことができない限り利用は困難です。

マスカットへの寄港スケジュール

マスカットに寄港するクルーズ商品・料金

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン