Cruisemansトップ   >   セントクリストファー・ネイビスのクルーズ旅行

セントクリストファー・ネイビスのクルーズ旅行

4.16

セントクリストファー・ネイビスに寄港する人気クルーズライン

セントクリストファー・ネイビスに寄港するクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

セントクリストファー・ネイビスのクルーズ旅行の写真

  • 世界遺産のブリムストーン・ヒル・フォ... ( by ms. sakutibi )
  • Day5#セントクリストファー島#バセテ... ( by ms. sae )
  • Day5#セントクリストファー島#バセテ... ( by ms. sae )

セントクリストファー・ネイビスへの寄港の口コミ評判

シンフォニー・オブ・ザ・シーズで2019年4月頃に セントクリストファー・ネイビス バセテール(セントクリストファー島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):

ネイビス島はとても小さい街なので船から降りたら目の前に
ショップが並んでいます。
お土産屋さんぽいTシャツや雑貨が売ってるお店もありますが
大半がジュエリー・時計のお店でその中の一軒でジュエリーと
時計の高額な買い物をしました。
そこのお店の人が3年前までセントトーマス島でショップを
やっていたが、台風で街が壊滅してセントトーマス島の経済が全然
ダメになってしまい、ネイビス島に移動してきたとの事で、
今はセントトーマスで買い物はしない方がいいと言っていました。
私達はネイビス島が最初の寄港地だったので、
その話は半信半疑だったのですが彼女が言う通りで
ネイビス島で買い物をして本当に良かったと思っています。

セレブリティ・リフレクションで2019年4月頃に セントクリストファー・ネイビス バセテール(セントクリストファー島) に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):無料

教会や、独立公園などを散策。 クルーズターミナルは一大ショッピング街になっていました。

セレブリティ・リフレクションで2019年4月頃に セントクリストファー・ネイビス バセテール(セントクリストファー島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

クルーズ港が一大ショッピング街になっていた。パスポート現物を持っていたほうがよかったらしい。
船に帰るときに、港側のセキュリティスタッフに「次回からは持ってくるように」といわれた。

ノルウェージャン・ジェイドで2019年3月頃に セントクリストファー・ネイビス バセテール(セントクリストファー島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500円未満

世界遺産のブリムストーン・ヒル・フォートレス・ナショナル・パーク に公共バスで行きました。
クルーズ船から5分ほどのところのフェリー乗り場の近くに公共のバスターミナルがありそこからミニバスに乗って行きました。
主要道なのでそこそこ頻繁にバスがありそうでした。
片道米ドルで2ドルです。
ミニバスの運転士さんに写真を見せてここに行きたいと言うと近くで降ろしてくれました。
バス停からは一本道を30分ほどかかりますが歩いていけます。
ここも素晴らしい景色で感動しました。
帰りのバスに乗れるか少し心配でしたがバスの運転手さんがなんとなく乗客だというのがわかるようで止まってくれます。
朝1番に向かいお昼過ぎには戻ってくることができました。
フェリー乗り場の付近はWi-Fiが飛んでいました。

シードリーム2で2018年3月頃に セントクリストファー・ネイビス ネイビス島 に寄港

とても満足


シードリームから降ろしたゾディアックボートがシードリームに指示を出し、次のアンカーポイントを先回りして見つけてきたらしい。 デッキでずっとネイビス島を眺めていると、優雅なリゾートホテルのプライベートビーチが見えてきた。そこはフォーシーズンズ・ネイビスだった。私はこういうリゾートホテルへの連泊に憧れを持っている。一度1週間ぐらい泊まってみたい。でも、そういう休暇を取ろうとしても、結局は船に乗っ... 続きを読む»

アリュール・オブ・ザ・シーズで2016年9月頃に セントクリストファー・ネイビス バセテール(セントクリストファー島) に寄港
寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):

セントキッツネイビスは、税金がかからないtax heavenの島。お買い物しても税金かからなかった。
島では、リスザルをつれた人がいて、勝手に頭とか肩とかにリスザルを乗せてきて、写真撮っていいよーと言って、最後に1人10$ずつと20$請求されてしまった。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン