Cruisemansトップ   >   アジアクルーズ   >   中国   >   廈門市(シアメン)

廈門市(シアメン)のクルーズ旅行

4.16

廈門市(シアメン)に寄港する人気クルーズライン

廈門市(シアメン)のクルーズ旅行

 Cruisemansからの予約で3%ポイント還元

廈門市(シアメン)の写真

  • 十日目:厦門寄港、出航時の夕日  ( by mr. to )

廈門市(シアメン)への寄港の口コミ評判

ダイヤモンド・プリンセスで2019年10月頃に 廈門市(シアメン) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

こちらでは ショッピングモールが出しているフリーシャトルがあったので、そちらで 出かけました。スターバックスがありcreditカードがつかえましたが、やはり 中国は クレジットカードが使えるところが少ないです。モールは週末なこともあって、現地の方でも混み合っていました。お洒落できれいなところで様ざまな店があり ウィンドーショッピングをたのしみました。
道端で果物を売っている人がたくさんいれ、価格も安いので 現金があってそこで食べるのなら、珍しいランプータンや 新鮮なマンゴスチンなどがありました。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年10月頃に 廈門市(シアメン) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

こちらでは アモイの街から 無料シャトルが出たので 利用した。厦門は 南のリゾート感のある街で 景色もよかったが ショッピングストリートが 長く面白かった。
だが、中国は 最近クレジットカードが使えないので ほとんど買い物は 実際には できない。
せっかく、バスを出してくれても、地元にお金を落としてやれないのが ざんねん。
大きく買い物はしないけれど、あれだけの人数が少しずつでも買い物すれば 地元の収入になると思うが。最近の中国の問題なところだ。

クイーン・エリザベスで2014年3月頃に 廈門市(シアメン) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

国際クルーズターミナルからシャトルバス利用(約15分位)でフェリー乗り場まで、そこからピアノの島で有名なコロンス島へフェリーで渡る。島内をミニトレインで一周して旧アメリカ大使館、旧日本領事館等を回りモダンなホテルでテイータイム。アモイ市街散策して帰船。
コロンス島観光は個人行動で充分観光が可能である。

クイーン・エリザベスで2014年3月頃に 廈門市(シアメン) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

厦門と言えば、コロンス島(九龍島)にある旧租界地区と有名である。我々もフェリーで島に渡った。一方、中国の全てが集約した様な所であり、立派なビルがある一方で、ホームレスも散見された。
スモッグも猛烈で、熱の出ないインフルエンザに感染したのも、おそらくこの地で貰い受けたと思っています。

廈門市(シアメン)の寄港スケジュール

2020-10
2020-11
2020-12
12月22日
2021-02
2021-03
3月20日

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン