Cruisemansトップ   >   地中海クルーズ   >   モンテネグロ   >   コトル   >   口コミ

コトル への寄港の口コミ

4.44
MSCオーケストラで2016年5月頃に コトル に寄港
寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

港から街の入り口は徒歩3分くらいです。
街を見下ろせる登山道がありますが、地元以外の人は通行料を払う必要があります。

コトルに寄港する人気クルーズライン

MSCオーケストラで2016年9月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):2,000~3,000円

市内観光のバスで海沿いの景色を楽しんだ後、背後の城壁遺跡に上りました。
かなり大変でしたが、高所からの眺めは素晴らしかったです。
また、旧市街は見どころ満載でした。

MSCムジカで2017年4月頃に コトル に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:15,000~20,000円

船が港に入る30前くらいが見所です
両側切り立つ崖の間を通ります
とてもキレイでした

ノルウェージャン・パールで2019年7月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

コトルは旧市街の目の前に着岸します。
小さな街ですので徒歩で歩いてゆっくり観光できます。
お薦めは城壁にある教会まで登ってコトルの街を上から眺める絶景を楽しむことです。
ゆっくり上っても30分かかりません。

MSCムジカで2019年10月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

予定ではコトルに入港予定でしたが、前日の出発遅れで行先がクロアチアのドブロブニクに変更になりました。
コトルは一度行ったことがありまた、ドブロブニクへは行ったことが無かったため、得した気分になりました。
ドブロブニクは、「魔女の宅急便」の舞台になったと言われる街ですが、山の頂上から街並みを見ると、とても景色が良いです。屋根が赤褐色に統一されている様で、とても綺麗でした。

MSCオーケストラで2016年6月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

コトル港では、沖合に停泊したので、テンダーボートを利用しました。ボートを降りたら旧市街入り口へは徒歩約10分到着します。旧市街は城壁と山で囲まれこじんまりしていて、気楽に観光・散策できます。裏山の登山道の30分ほど登れば、コトル港と街並みが一望できます。コトルの海と山と花がおりなす絶景はおすすめです。

MSCムジカで2017年10月頃に コトル に寄港
寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

今まで見た中で一番綺麗な(もしくはベネチアクラス)港でした。中世にタイムスリップしたような荘厳で静寂な景色でした。

MSCアルモニアで2010年7月頃に コトル に寄港
寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):無料

港の前が旧市街地なので、ゆったりとみることができました。疲れたらすぐに船に戻ればよいので。

コーニングスダムで2019年9月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

Budva, Kotor & Coastal Views(9.15am~13:15 x $74.95 x Moderate) 【コトルとブドヴァ観光の意義】コトルの旧市街、コトル湾、ブドヴァの旧市街はトリップアドバイザーの口コミ数もそれぞれが2,000以上と人気が高い観光地です。15世紀から3世紀間にわたるヴェネツィアによる支配はコトルの街にヴェネツィア様式を特徴付ける建物を残しており、コトルは世界遺産に選ばれています。またブドヴァはリゾートタウンとしてその名をとどろかせており、多くのミリオネアが暮らしている... 続きを読む»

セブンシーズ・ボイジャーで2019年7月頃に コトル に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:2~3時間  費用:無料

世界一美しい湾を山頂から堪能

MSCオーケストラで2016年10月頃に コトル に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

ここは徒歩で行ける場所が多いです。昔の街並みを楽しんで終わりました

リビエラで2018年7月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

入港前のフィヨルドが素晴らしい。コトルは自由散歩にうってつけです。

MSCオーケストラで2016年6月頃に コトル に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

コトルも以前に訪れたことがあるので、街をうろちょろ城壁の上から街を見下ろす景色は絶景です。

セレブリティ・コンステレーションで2015年9月頃に コトル に寄港

とても満足


ミレニアムは沖に停泊。テンダーで上陸。前回訪問時、体験しなかった旧市街から山上の城跡までの約1000段以上の登山道を歩く。登山道入り口で当時は5ユーロ程度払ったと記憶。(現在8ユーロ程度)。途中日陰もないので飲料や帽子は必需品。靴はサンダルより運動靴等のほうがいい。山上からの眺めは素晴らしい。ドブロブニクと同じような色彩の旧市街の街並みの美しさと奥に深いリアス海岸の地形が良くわかる。新市街には、少し大きなスーパーマーケトもあった。

クリスタル・シンフォニーで2016年9月頃に コトル に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

リアス式海岸の湾奥の古い街。旧市街をゆっくり散策。1年前訪問した時は、旧市街の裏から1000段以上の階段が続く登山道を山上の城跡まで登った。山上からの眺めは絶景であったが、もう一度あの道を登る気にはならなかった。
港にはリージエントセブンシーズや大型ヨットが停泊していた。新市街にはスーパーもあった。

ラプソディ・オブ・ザ・シーズで2018年10月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

ユーゴスラビア社会主義共和国から2006年に独立したモンテネグロ、本当に最近の話です。現地語ではツルナ・ゴーラ、いずれも「黒い山」という意味。周囲をボスニア・ヘルツェゴヴィナ、セルビア、コソボ、アルバニアに囲まれ独立するまでには長い民族間の闘争が繰り返されて来た。コトル湾はリアス式海岸にあり、アドリア海の中でも中世の街並みが良く保存されていることより1979年に世界遺産に登録された。またコトル湾は第一... 続きを読む»

セレブリティ・シルエットで2014年8月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):無料

今回の旅で唯一初入国となるモンテネグロ。
8年前の旧ユーゴスラビア諸国訪問の旅では、時間切れで訪問できなかったコトル。
今回そのリベンジをやっと果たすことが出来ました。

複雑に入り組んだ入江(ボカ・コトルスカ)をバルコニーから眺めながらコトルに向かう。
コトルは中世の城壁都市で、現在も旧市街はその城壁に囲まれてその佇まいを現在に残した世界文化遺産に登録されている。
コトルでは沖合に停泊してテンダーボートで上陸。港の目の前がそのまま旧市街の入り口。
旧市街は12世紀創建の古い教会がいくつもあり、クルーズ船からの観光客で賑わっていました。
旧市街観光後は近くの海水浴場へ。背後にセレブリティシルエット号を望みながら息子と水遊び。
11ヶ月の息子にとっては初めての海水。少し水温が低めで、息子には少々冷たかったようだ。

ラプソディ・オブ・ザ・シーズで2018年9月頃に コトル に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

14:30のテンダーボート(整理券あり)で下船。
整理券は当日12時からチョップスグリル前で配布。(場所と時間は船内新聞に案内あり)

港から旧市街入口までは徒歩5分ほど。
旧市街に入り南東方面をめざし城塞に上る入り口に向かい入場料を払う手前まで登りました。
城塞への入場料は3ユーロ→8ユーロに値上げ。
気温と湿度がとにかく高く、足場もあまり良くなく、停泊時間も短かったので登るのは断念。
城塞入口の所からでも入り江に停泊する船を見ることができました。

旧市街は大回りに一周しても30分ほど。
大聖堂は入場料が必要なところが多かったです。

猫が多く、北西の入り口付近の広場には子猫が沢山いるので猫好きにはたまりません。
巨人が住んでる街なのか、巨大なオブジェがあちこちに飾られていましたが、それが何を意味するのか全く説明がなかったので謎のままです。

MSCムジカで2018年4月頃に コトル に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):無料

港のそばの公園でバトミントンと読書をした。観光地に行かなくても、静かに過ごせる。

マリーナで2018年10月頃に コトル に寄港
寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

テンダーボートで上陸 タクシーで観光後旧市街を散策  絶景を堪能した

コトルに寄港する人気クルーズライン

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン