Cruisemansトップ   >   カリブ海クルーズ   >   オランダ   >   フィリップスブルフ(セント・マーチン島)   >   口コミ
ヴィジョン・オブ・ザ・シーズで2020年2月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):3,000~4,000円

セントマーチンはオランダ領、フランス領の二つに分かれておりさらに船で30分も乗ればイギリス領アンギラにも行くことができるという3か国を楽しむことのできる面白い島だ。 私はまずアンギラに行くために港からタクシーに乗り30分でフランス側のマリゴへここから船に乗りアンギラへ向かった。ここでの滞在時間は2時間ほど、まず首都のバレーへ。通りが一本と店が数件あるだけの何もない首都でアンギラグッズを購入、その後世... 続きを読む»

フィリップスブルフ(セント・マーチン島)に寄港する人気クルーズライン

MSCシーサイドで2019年8月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):1,000~2,000円

ジェット機の離発着で有名なマホビーチ行きのタクシーは港降りたタクシー乗り場に有るのですぐに分かります。
ビーチは暑いので帽子必須。水着で出掛けてあっちで泳いでそのままで帰ってくるのが現地っぽくっていいです。

MSCシーサイドで2019年3月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:その他

この島の「世界一危険なビーチ」を体験したくて、このカリブ海クルーズを選びました。
船を降りたところで呼び込みが沢山おられて、行きたい場所を伝えるとバスに誘導して下さいます。もちろん有料ですが、往復料金を支払い乗り合いバスに乗り、到着後帰りのバスの時刻と場所を教えてくれます。ちゃんと時間に間に合いますし、安心です。
また、マホビーチの横にあるカフェでは、食事をすればゆっくり座って飛行機を見ていられますし、お安くて美味しいので、コスパ最高で本当にお薦めです!

オアシス・オブ・ザ・シーズで2016年4月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):2,000~3,000円

飛行機が低空でビーチの上を飛ぶマホビーチに行きました
実際に行ってみると着陸より
離陸のジェット機のエンジンからでる暑い熱気で30m位飛ばされました
後日聞いた話では車も横転したりするそうです

ハーモニー・オブ・ザ・シーズで2019年10月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

揃いのオレンジ色のシャツを着たタクシー会社の方達が多数みえます
適当な人数で タクシーに振り分けられ 空港まで行きました。
帰りも オレンジ色の服のスタッフに声をかけて(場所は同じ) タクシーに乗りました。
ビーチは 水も綺麗で 波もありますが 楽しめました。
狭い場所にたくさんの人がいる状態で、物売りの人も多くまわっていました、
荷物が心配なので 代わる代わる海に入りました。

ハーモニー・オブ・ザ・シーズで2019年10月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

飛行機が頭上すれすれを離着陸するマホビーチが有名です。マホビーチまで、2通りの行き方(徒歩+バス)(タクシー)があると調べていましたが、暑くて歩く気が無くなったのと、大型の飛行機の離発着の本数が限られているという情報で、早々にビーチに向かった方が良いと判断して、片道のタクシーで向かいました。到着時、ちょうど1本目の飛行機を見逃してしまったようで、次は2時間後…。こんな暑い中、ただ待つなんて…と思いま... 続きを読む»

MSCシーサイドで2019年8月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):

船を降りた先に乗り合いタクシー乗り場があります。現地のタクシー会社がツアーのように組んでいて、行先言ったらその場で往復料金を現金で支払い、手にバンドをはめられて帰りに指定場所でそれを外されて乗って帰ってくるシステムでした。マホビーチは前のハリケーンの影響で砂浜が少なくなっており狭くなっているのでレストランやビーチを往復する際に場所によっては膝程度は海に入らないと混んでて進めないので水着を着用するのを勧めますし、日差しが強いので長時間ビーチにいるのはちょっと厳しいので、事前に何時頃行けば大型機が来るかを調べて行くと短い時間で見ることが出来ます。レストランは食事を頼めばテーブル席に座れ良いポジションで着陸を見ることが出来ますが飲み物だけだとダメでした。

ハーモニー・オブ・ザ・シーズで2019年4月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):10,000円以上

 島内でタクシーをチャーターしました。セント・マーチンのタクシーは、「一人当たりいくら」という料金計算方法だったので、安心して乗ることができます。寄港地では、「マリゴ」、「フィリップスバーグ」の散策、「マホビーチ」での飛行機の離発着観光、フランスとオランダの国境にある「モニュメント」の見学を行いました。
「マホ・ビーチ」での飛行機の見学について、大型機は15:00前後の離発着となることが多いようです。なので、クルーズでの寄港した時の観光では、クルーズに戻る時間も考慮しなければならないので、大型機の離発着を見学することは難しいかもしれません。

セレブリティ・サミットで2017年11月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港
寄港地観光:観光していない

ハリケーンによる観光インフラ大被害の影響で寄港中止になりました。

アリュール・オブ・ザ・シーズで2012年4月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

今回のクルーズで一番楽しみにしていたセントマーチン島のマホビーチ。
離発着する航空機を間近で見られることで有名なマホビーチには数年前にも訪れており、その再訪がこのクルーズで叶いました。
マホビーチでは大型機の着陸が集中する12〜14時の時間帯を含めて5時間程滞在することが出来、大迫力の航空機を撮影することが出来ました。
なおマホビーチまでは地元の業者が往復10ドル程度でピストン輸送を行っているので、ショアエクスカーションを申し込みしなくても移動は全く問題ありませんでした。しかも費用的にもリーズナブルです。

セレブリティ・リフレクションで2019年4月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):10,000円以上

クルーズターミナルから少し離れたタクシー乗り場で個別にチャーター。町の周辺~別荘地~マホビーチを周遊するコースをまわってもらいました。マホビーチは空港側のフェンスが拡張されて入れなくなったようでしたが、ビーチ側で多くの航空機を見ることが出来てとても満足!7年ぶりの来訪でしたが、相変わらずで楽しむことが出来ました。

セレブリティ・リフレクションで2019年4月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):10,000円以上

ちょうど、good fridayに当たり、お店はほぼ全店休業。レストランは開いていた。
2時間30分のタクシー貸し切りで、マリゴとマホビーチへ。1台100ドル(チップ別)。
ドライバーがガイドもしてくれて、とても便利でよかった。
ターミナル~マホビーチはタクシーで片道16ドルらしい。

シンフォニー・オブ・ザ・シーズで2018年12月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

セントマーチンではマホビーチに飛行機を見に行きました。クルーズ港からフィリップスバーグの町までウォータータクシーで移動し、徒歩2分くらいの通りに出るとMAHOと行先を書いたバス(ワゴン車)が通りますので手を上げて行き先を確認して乗ります。マホビーチと言えばわかります。料金は2ドル先払です。途中渋滞が激しいので1時間位かかりました。
土産はクルーズ港にお土産屋、売店があります。

ディズニー・マジックで2001年12月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):

タクシーの運転手さんが親切で、ビーチの帰りに見所も案内してくれました。

ノルウェージャン・ジェイドで2019年3月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500円未満

クルーズ船を降り20分ほど歩いて市内へ向かいそこから公共バスでマホビーチへ行きました。 公共バスはナンバープレートにBUSと書いてありフロントガラスに行き先が書いてあるので分かりやすいと思います。 片道で米ドル2ドルです。 マホビーチまで40分くらいでしょうか。 特に停留所があるわけではないので帰りはどこから乗ったらいいのかと運転手さんに聞いたところこの辺だと言われました。 実際ビーチから戻るとすぐの... 続きを読む»

コーニングスダムで2018年12月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

満足

寄港地観光:その他

下船してから港に待機している旅行会社を通して観光しました。

ディズニー・ワンダーで2019年1月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

有名なマホビーチまでは乗合タクシーで往復$16です。

比較的小さいプロペラ機がしょっちゅう着陸していました。

ジェット機の離陸時には警備の人?が道路の真ん中でビーチから人が出ていかないようにしていました。

オアシス・オブ・ザ・シーズで2017年3月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):2,000~3,000円

飛行機がビーチの際に着陸する、マホビーチに行ってきました。マホビーチは今回のツアーでどうしても行きたかった所の1つで、セントマーチンが寄港地であれば行くことをおすすめします。下船後、近くのバス乗り場から往復ツアーバスが出ており、往復20ドルで帰りたいときに帰れるプランに参加しました。
ビーチは台風後なのにも関わらずとても綺麗でした。飛行機が着陸する際想像以上の暴風を感じて、スリル満点の体験ができました。マホビーチには3時間ほどの滞在でしたが、小さいセスナを含めると10機以上の着陸を見ることができたと思います。

セレブリティ・ソルスティスで2011年1月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港

普通

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:  費用:

観光バスで島内めぐりをしました。
本当は飛行機がすぐビーチの真上を通るというセントマーチン空港近くに行きたかったの
ですが、下調べをしなかったため諦めました。

コスタ・フォーチュナで2007年12月頃に フィリップスブルフ(セント・マーチン島) に寄港
寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):6,000~8,000円

レンタカーを借りて回りました。島の反対側に、ホテルがありそちらで昼食をとり、ビーチを少し歩きましたが、泳ぐことはしませんでした。島には南国植物と、放牧された家畜がいてのんびりとした南国を味わいました。レンタカーはオススメですが、メジャーなレンタカー会社ではなく、Webで探して事前予約が必要です。

フィリップスブルフ(セント・マーチン島)に寄港する人気クルーズライン

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン