Cruisemansトップ   >   地中海クルーズ   >   フランス   >   ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ)   >   口コミ
ノルウェージャン・ジェイドで2008年5月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

ニースは沖止めとなり、テンダーボートで上陸。2002年に来たことあり。定番のシャガール美術館の旧約聖書の絵の説明が長い。あとサレヤ広場で市場の見学。プロムナード・デ・ザングレを散歩しながらテンダーボート乗り場へ。
ニース市街を一望するのに絶好の場所城跡LE CHATEAUに登ろうとしたがエレベーターは工事中で断念。

ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ)に寄港する人気クルーズライン

セレブリティ・コンステレーションで2019年6月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):1,000~2,000円

モナコに行った。とても綺麗で見どころの多い町。駅が絶壁に作られており構造が大変ユニーク。

セレブリティ・イクノスで2014年5月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):無料

地中海クルーズの初寄港地ということで、ちょっと興奮。それまでの南太平洋とかの島とは違い、迷子になって戻れなかったらどうしようかと思った(ちょっと大げさ)。 実際、港近くの駅までは辿り着け、ニースまで行けそうな感じではあったが、万が一帰船できなかったらどうしよう、と考えて怖気づいてしまった。実際には充分行って帰れたと思う(多分)。 方針変更で、徒歩で近場を回るのみにしたが、それでも充分楽しめた。 道... 続きを読む»

ディズニー・マジックで2013年6月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):3,000~4,000円

タクシーは一律料金で観光地プライスでお高めでしたが自力観光のため仕方なく利用しました。さらに路線バスが来なくて、ルート変更を余儀なくされ、短い観光時間にロスが出た。事前に安いツアー会社等を予約して、廻りたいルートをリクエストしたら、多少のコストはかかっても満足いくかもしれません。

リバティ・オブ・ザ・シーズで2013年9月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:5時間以上  費用:10,000~15,000円

ニースの海岸は、素晴らしい。

ウエステルダムで2017年6月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):無料

強風のため、サン=トロペに入港できず、代わりにビル・フランシュにテンダー。
ここは二回目なので、気楽に散策。
以前来た時に買ったクロワッサンが絶品だったので、もう一回買おうと散々探したが、不思議なことに見つからなかった。
クルーズターミナルに無料WiFiとトイレ、小さな土産物売店と観光案内がある。

ル・ポナンで2016年8月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

ニースは大変大きな都市で、車があれば近郊の町にも気軽に訪れることができます。

リバティ・オブ・ザ・シーズで2012年6月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

ヴィルフランシュ港から、モナコへ 列車に乗り 移動。
行きはよいよい、帰りは・・・では ないが、電車のアクシデントの為 帰りは バスで。
タクシーは 周りの高級ホテルに抑えられてしまい、唯一 バス で 帰船する事が できた。
以後、アクシデントに備え 電車が動かなくなった際の 交通手段も 下調べする様になった。
F1で 有名な【ローズヘアピン】に 向った事は、 
毎年レースの時 テレビを見て蘇ってくる 貴重な思い出。

ディズニー・マジックで2013年7月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):500~1,000円

ヴィル・フランシュはジャン・コクトー所縁の街として知られています。壁画のある協会や行きつけだったレストランが残っています。
急な斜面や階段を巧みに使い、ちょっと迷路のようなたたずまいの港町です。

坂の上に列車の駅があり、右はモナコ、左はニースへと伸びています。

F1のモナコグランプリが終了した直後だったので、モナコまで足を伸ばしてみました。メインロードにはチェッカーマークやスタートライン、タイヤマークが生々しく残っていました。
駐車場に高級スポーツカーが並んでいたり、セレブな街と言う雰囲気がありました。

セレブリティ・イクノスで2014年5月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

エズ村に行きたかったので、午後からのエクスカーションを申し込みました。
午前中はヴィルフランシュの街を散策、高台まで行くと沖に停泊している船と青い地中海が望めました。
階段を登り続けるので少し疲れますが、行く価値は充分あります。可愛いカフェや美味しいパン屋さんもありました。
船に戻ってランチを済ませ、ツアーに参加。バスで一気にエズ村に登っていきます。
頂上にあるサボテンガーデンは有料ですが、そこから絶景が見られるのでお勧めです。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズで2008年5月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

ヴィルフランシュはテンダーボートで下船。
船着き場から海を右手に見て進むと左側に鉄道駅。
トンネルを潜って山側の線路(東行)がモナコ方面、海側(西行)はニース、カンヌ方面。
駅までの海沿いの道にはカラフルなレストランが立ち並び、その風景だけでも絵になる。
モナコGPファイナルを観戦し、思い出深いクルーズとなりました。

ウエステルダムで2017年6月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

強風のためサンペドロに入港できなくなり、代わりにヴィルフランシュに寄港しました。
ここも2回目なので、前回の記憶を辿りながら美味しかったパン屋さんを探したり、階段を高台まで登って上からの景色を見たりしました。
ここからはエズ村が近いので、半日観光がお勧めです。

ジュエル・オブ・ザ・シーズで2018年10月頃に ヴィルフランシュ=シュル=メール(ニース・リビエラ) に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:5,000~10,000円

港にクルーズ船は止まれないので、Tenderボートでポートまで。 ポートから、ニースの町中までは、駅まで徒歩10分でそこから、電車に乗り2駅。(約7分) サクサク~っと観光して、(Ballangerのクレープがおいしかった!)午後はモナコ観光。 船会社のエクスカーションに参加。 グレースケリーが結婚式を挙げた教会~プリンスパレスをみて(ここは見晴らしがよく、F1のモナコグランプリが行われるときは、立つだけで100ユー... 続きを読む»

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン