Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   地中海クルーズ   >   クロアチア   >   ドゥブロヴニク   >   口コミ

ドゥブロヴニク への寄港の口コミ

4.43
コスタ・デリチョーザで2019年8月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):4,000~6,000円

クルーズのシャトルバスは時間と費用から利用しないこととしましたが、時間が限られているため、タクシーでまわりました。クルーズを降りるとタクシーがたくさん待っていて、スルジ山~パニエビーチ~プロチェ門を1時間ほど@55€でまわってもらいました。(途中で写真を撮る時間を設けてほしいこともあらかじめ伝えました)ケーブルカーも利用できましたが、混雑具合や営業時間を吟味した上でタクシーに決めました。
城壁はプロチェ門からイヴァン要塞まで歩き(1時間弱)、その後、城壁内の街を散策し、またタクシーでターミナルまで@10€で戻りました。

ドゥブロヴニクに寄港する人気クルーズライン

コスタ・デリチョーザで2019年8月頃に ドゥブロヴニク に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:2,000~5,000円

とにかく滞在時間が短くせわしい観光だった。自力で高台から眺めた上で街中を動き回るのは大変なのでツアーでよかったと思う。それでも自由行動は1時間なくて残念だった。

セブンシーズ・ボイジャーで2019年7月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:無料

シーカヤックとシュノーケリングでアドリア海を堪能。
夜は自分で予約をしたレストランでお食事。RestaurantDubrovnik

リビエラで2018年7月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

暑くて城壁廻りは疲れました。
次回はロープウェイに乗ろうと思います。

セレブリティ・コンステレーションで2018年5月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

船が着いた場所がオールドシティから距離があったので、そこまで行くのは船会社の出すバスを使いました。往復で12ドルでした。ドゥブロヴニクには2日間滞在だったので、1日目は個人手配の歩くツアーに参加し、その後はケーブルカーで山に登り町の全景を見ました。2日目は城壁に登り1周し、その後は昨日とは別のテーマの歩くツアーに参加しました。
ドゥブロヴニクには10年前にも行きましたが、以前に比べて観光客が物凄く増えており、どこも大混雑していました。
今回はどの寄港地も非常に暑かったのですが、ガイドさんによるとここでは来月はもう10度暑くなるそうです。特に城壁の上を歩く時は帽子とサングラス必携で、私達も小まめに水を飲んでいました。


コスタ・デリチョーザで2018年4月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):

 クルーズ船が着岸した港にタクシーがたくさん停まっていたので、行きはシャトルバスを利用せずに観光タクシーを利用しました。1時間50ユーロでスルジ山の山頂など4箇所のビュースポットに案内してもらえます。最後にピレ門に到着し、旧市街の観光を始められるので、時間を有効活用できます。
 ドゥブロヴニクには以前行ったことがあったので、定番の城壁ウォークはせず、フランシスコ会修道院や聖ヴラホ教会、大聖堂などの見学や、オールドポートの先の聖イヴァン要塞まで行ったりしました。
 帰りは船会社のシャトルバスを利用して戻りました。

コスタ・デリチョーザで2017年9月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:1時間未満  費用:2,000円未満

バスで旧市街まで連れて行ってくれます。ドブロブニクの城壁は山側の半周くらいが手軽で、途中展望台があるのでそこからの景色がオススメです。
壁を下りて散策している時に、壁の海側に出られる小径を見つけ、外に出たら城壁と海の間にカフェがありました。これはとてもオススメなカフェです。ただ、行き当たりばったりで散策している途中で偶然見つけたカフェなので、場所や店の名前は分かりません。
ゲームオブスローンズの舞台でもあるらしく、行く前に少しでも観て行ったらより楽しめたかもしれないです。

コスタ・デリチョーザで2017年4月頃に ドゥブロヴニク に寄港

普通

寄港地観光:その他

シャトルバスで移動。帰船するとき、シャトルバス乗車に 小一時間程並んだ。
港と 旧市街が遠いので すこし不便。
フランシスコ教会の 有名な 【バラのクリーム】は 一日の販売数が限られているので
必要なら早めに行って。

シーボーン・オデッセイで2016年10月頃に ドゥブロヴニク に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

昨日の泳げる暑さから一転、肌寒く雨がぱらつく少し残念な天気になりました。
クルーズ船が恐らく4隻は停泊していたのではないでしょうか。新港に着岸の予定がやや沖合に錨泊に変更となり、2000年に訪れたときと同じく、テンダーボートで旧港への上陸となりました。旧港からすぐの旧市街は徒歩で観光できるサイズです。
前回訪れたときは、内戦がやっと落ち着いてきたころで、町のあちこちにまだ弾丸の跡や、破壊された城壁など戦争の爪痕が生々しく残る状態でした。今はスルジ山へのケーブルカー も再開され、町をぐるりとかこむ城壁も再建・修復されるなど、すっかり平和な観光地となっていて感慨深く感じました。観光客は何十倍も増えていると思いますが、街並みは変わらず、曇り空にも屋根のオレンジ色が栄えてとても美しかったです。

コスタ・デリチョーザで2016年9月頃に ドゥブロヴニク に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):  移動費用(片道):

港から旧市街まで、有料のシャトルバスが出ている。往復約11ユーロ。帰路は長蛇の列だったので早めに並んだが、船会社のシャトルバスなら置いていかれることはないのだろうか?未確認。
城壁を1周して市街地をブラブラした。寄港時間が長くないので、城壁かスルジ山かどちらかしか選べないと思う。有名な古い薬局は並んでいて時間切れ。通貨はユーロではないけれど、クレジットカードが使えるのでわざわざ両替しなくてもOK。市場ではユーロが使えた。

クリスタル・シンフォニーで2016年9月頃に ドゥブロヴニク に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

前回訪問した時は、旧市街を取り巻く城壁の上を一周し、町全体を上から観光した。アドリア海の海の色と旧市街の街並み、レンガ色の屋根、これは素晴らしかった。今回は地上をゆっくり散策。世界遺産として有名になりすぎ、観光客が非常に多かった。港にはオーシャナのシレーナが停泊。

MSCマニフィカで2016年4月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:2,000円未満

シャトルバスを利用して旧市街に行きました。城壁を回り、素晴らしい景色を楽しむことができました。

MSCマニフィカで2015年11月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

城壁へ。クルーズ船の観光客で、バスは行きも帰りもぎゅうぎゅう詰めになります。
小雨が降ったりの天気だったこともあり、滑りやすい石畳の階段を昇り降りし、健康で体力がないと大変です。船旅を先送りするのは止めようと決心した所です。

昼食にとサンドイッチを買ったパン屋さんは、魔女の宅急便のパン屋さんに似ていると思っています。

城壁にいた時から風が吹いていましたが、出港する頃には強風になり、デッキチェアは全て片付けられ…狭いお部屋で下船のためのパッキングをしていたらあっという間に船酔いです。
最後の夕食なのに…と思っていましたが、少し寝たら回復し、ヨロヨロとダイニングルームへ向かい、しっかりディナーをいただきました。


MSCマニフィカで2015年11月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

港から町まで、徒歩は少しきつい距離があります。市バスが出ていますのでそちらを利用するのが良いと思いますが、どうやって両替したのかユーロで乗ったのか記憶にありません。バスは町の入り口城壁の手前が終点ですので、乗り過ごしはないと思います。(全員おりますから。)我々が行ったのは11月で観光シーズンが終わっており、船の乗客以外の観光客はほとんどいない状態でしたが、それでも城壁を歩く人は多く、シーズン中は大変だという印象が残っています。街歩きは空いていて良かったのですが、ロープウェイは止まっており、残念ながら街全体を上から眺めることはできませんでした。魔女の宅急便のモデルになった街という噂ですが、映画に出てくるパン屋そっくりのお店があり、結構美味しいパンを食べさせてもらえます。昼食の代わりにパンをほおばり城壁を歩くのが楽しい

セレブリティ・コンステレーションで2015年9月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

前回訪問時、体験しなかった街を取り囲むく城壁を一周。有料で一人30ユーロ程度支払う。少し高いかと思ったが、十分その価値はあると感じた。薄い赤茶色の街並み、それより少し濃い屋根のレンガ色がアドリア海と空の青にマッチして素晴らしく美しい。天候にも恵まれ再訪して良かった。

クイーン・エリザベスで2014年11月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

ドゥブロヴニク港は期待に反して新港らしく風情に乏しい港で少々ガッカリでしたが、クロアチア海軍の小型艦が停まっていました。
下船後、バスに乗って20分程走り、旧市街の外で降りてロープウェイに乗り最初に行ったのは標高412mというスルジ山というところで、赤い屋根が並ぶ旧市街は画に描いたような素晴しい眺めで感激したと同時に宮崎駿監督のアニメ「魔女の宅急便」の舞台という話しも実感できました。
その後、城壁囲まれた旧市街に入ってオリフリオ大噴水やフランシスコ修道院を見学してからフリータイムになりました。
街の建物には良く見ると内戦の名残りらしい弾痕もありましたが、全体的には美しく、私たちも頑張って城壁歩き(有料)をしました。

MSCファンタジアで2014年10月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:5,000~10,000円

ここも楽しみにしていた寄港地。結構な上り坂で大変でしたが、想像通りの可愛い街並みで大満足。
海の色が2色に分かれて大変キレイでした。
ここもまた訪れたい所です。

セレブリティ・イクノスで2014年7月頃に ドゥブロヴニク に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

グルージュ港(新港)から旧市街までタクシー一律10€。ただし、タクシーの数が少なかった。バスターミナルも近くにあり。
城壁内のキオスクで両替ができたが、ポンドorユーロのみ。
新港にはコンズムというスーパーマーケットあり。新港の土産物店にはwifiサービスあり。1時間3ドルだった。

セレブリティ・イクノスで2014年7月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

エクスカーションツアーでは単純往復のシャトルバスのみの販売は無かった。
グルージュ港から、旧市街までタクシーで10€。帰りは、港近くのスーパー「コンズム」までタクシーで60クーナだった。

有名な城壁歩きは、一方通行で降りる場所は3か所しかない。お店はほぼないので、登る前に水などを買っておく方がいい。夏だったので、暑くてハードだった。帽子・日傘がお勧め。

セレブリティ・イクノスで2014年5月頃に ドゥブロヴニク に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

港のすぐそばにバスターミナルがあり、旧市街までローカルのバスが出ていました。
ただ現地通貨しか使えないという事で、ターミナルにある両替所で現金を作りました。
城壁への入場料はクレジットカードで払い、マーケットでお土産を買ったりして現地通貨を使いきりました。

ドゥブロヴニクに寄港する人気クルーズライン

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン