Cruisemansトップ   >   アジアクルーズ   >   台湾   >   花蓮市   >   口コミ

花蓮市 への寄港の口コミ

4.29
ダイヤモンド・プリンセスで2017年11月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):無料

自分で あるきまわり、 山のほうや、市場などをまわった。
花蓮もクルーズはたびたびつくが 結構行くところが あって 興味深い。
海岸の浜辺にそった、散歩道は 船がよく見えてなかなかいい写真スポットだった。
歩いて回るとそう、沢山はいけないのでまだ 行くところはありそうだ。

花蓮市に寄港する人気クルーズライン

ダイヤモンド・プリンセスで2014年4月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:5,000~10,000円

太魯閣渓谷などを回る船の寄港地い観光にいった。
寺院の中を歩くのが長く大変なところもあったが、あちこち回り、充実していたと思う。
台湾バナナを連れが買いたがっていたが 、小銭でしか買えずクレジットカードなどでは 買えないので 眺めていただけで終わった。
少額の現金を用意すると ちょっと楽しめるかもしれない。

ダイヤモンド・プリンセスで2016年6月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):10,000円以上

港でタクシーに乗り、1日観光をお願いしました。
タロコ峡谷観光をしました。
とても景色が良くて楽しめました。
でも帰り、最後に運転手に連れられて行ったレストランでボッタクリに会い、私が高すぎると抗議したかったのですが、主人がいいよいいよと払ってしまいました。
4000円くらいで済んだ所、1万円取られました。
いい運転手だったのに、そこだけが残念でした。

ダイヤモンド・プリンセスで2017年11月頃に 花蓮市 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

有名なワンタンを食べに行った。
船で知り合った人と乗り合わせて4人でタクシーで開店すぐの時間に行ったので、並ばずに食べることができた。
開店すぐに行くのがおすすめ。
帰りは、それぞれ自由行動でワンタン食べて解散!

ウエステルダムで2019年3月頃に 花蓮市 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):2,000~3,000円

花蓮港には現地ツアー会社やタクシーが沢山待ち受けていました。
価格は統一されていて概ね高いです。私たちは6人のグループだったので2台の車が必要だと言われたので、やむおえずシャトルバスでAZUREホテル迄行き、ホテル前でタクシーの料金交渉。メデタく6人で乗車してタロコ渓谷へ。観光場所は予め行きたい場所をメモしてプリントアウトした物を運転手に渡します。運転手はスマフォで翻訳して私達とコニュニケーションを取ります。
帰りにワンタンの人気店に。徒歩でAZUREホテルからシャトルバスで帰船。

ダイヤモンド・プリンセスで2017年5月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):2,000~3,000円

今回、どこも雨予報だったので特に観光予定は立てて無かったのだが、お天気になったので朝食で一緒のテーブルになったお二人と4人でタクシーをチャーターしてタロコ観光をしました。
知らない観光地へも連れてってくれ、飲茶店で飲茶を楽しむこともできて大満足でした。

ダイヤモンド・プリンセスで2016年5月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:15,000~20,000円

花蓮も初めて訪れる場所のためショアエクスカーションで太魯閣渓谷観光に参加。
中々見ごたえのあるところである。

ダイヤモンド・プリンセスで2015年6月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:5時間以上  費用:20,000~30,000円

花蓮市街の背後には3000メートル級の山々が連なり、船上から見る陸地側の景観は日本の港とは一味違うものでした。波止場には40台位の観光バスが待機しており、オプショナルツアーで景勝地・太魯閣渓谷を訪れました。切り立った大理石の断崖絶壁や崖をくり貫いただけのトンネルが続く九曲洞は見応えがありました。途中、阿美文化村で先住民族アミ族の舞踊鑑賞し、大理石工場や宝石店を見物しました。

ダイヤモンド・プリンセスで2017年11月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):60〜90分  移動費用(片道):

今までは エクスカーションに乗っていたので 今度は 自分で じっくり歩いて回りました。
市場や 旧日本領時代の建物なども 地図をもらったのと 下調べとで 十分まわれます。
停泊場所から出るのも少し歩くので、 シャトルを使うと街へは連れて行ってくれます。

ボイジャー・オブ・ザ・シーズで2016年7月頃に 花蓮市 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):4,000~6,000円

タクシーをチャーターしてタロコ渓谷に行きました。台北からだと中々行けないところですが、花連の港からは比較的近くお勧めな場所です。タクシーの運転手さんが紹介してくれた台湾食堂は絶品でした。 台湾東部中央に位置し、西は山脈、東は太平洋に面しています。 阿里山に代表される高地が背後にありますが、この辺一帯にある 渓谷は花東渓谷として呼ばれています。 日本による統治時代に渓谷、鉄道の整備が行われ、今... 続きを読む»

ダイヤモンド・プリンセスで2014年4月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:5時間以上  費用:15,000~20,000円

初めての花蓮は エクスカーションで。少数民族の村や 有名どころの観光地を 回るので 忙しいですが ついて歩けば 確実に船に戻れるので、土地勘のない場合は 安心です。
費用が高いといわれることもありますが 食事つきなどで いくと、とても 高級どころに連れて行ってくれますので 普通のツアー旅行よりは 豪華な オプションが 多いと思います。

ダイヤモンド・プリンセスで2017年5月頃に 花蓮市 に寄港

満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:3~4時間  費用:2,000~5,000円

太魯閣(タロコ)峡谷は迫力がある。一度は見ておくに値する所です。バスのガイドさんはとても機転が利き、車内で台湾ドルの両替をして貰い、有難かった。

ダイヤモンド・プリンセスで2017年11月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:旅行代理店のパッケージ

ターロ渓谷は素晴らしかったです。
大理石の彫刻は、素敵でしたが、重いので買えませんでした。
その後、花蓮が大きな地震に見舞われて、とても胸が痛みました。
東北の震災の時、台湾の方達に助けていただいているので、お返ししたいと思います。
台湾の方達は、親日的でとても親しみやすかったです。

ダイヤモンド・プリンセスで2017年5月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:  移動時間(片道):  移動費用(片道):

港に待機していたタクシーと交渉して タロコ渓谷へ NT$3000 +チップ
帰りは市内で降りて 台湾高山茶の買い物と ワンタンのお店へ。
市内から港まではタクシー

ダイヤモンド・プリンセスで2016年5月頃に 花蓮市 に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

花蓮は、太魯閣観光が有名ですが、以前(2012年4月)に行った際は、駅前でタクシーと交渉し4時間2000元で行って来ました。

今回は徒歩にて松園別館へ
「松園別館」という案内板がある門柱を入ると、大きな松の木がある庭の向こうに古びた建物が見える。日本統治時代、軍の高級将校用の招待所だったという。建物脇には防空壕も残っている。どれもそっくり保存されていて建物も防空壕も内部を自由に見ることができます。入園料50元(日本円で約200円)。12歳以下の子供と65歳以上は半額。花蓮旧市街の中心部からやや北よりの見晴らしのいい高台にあり、庭から花蓮の海が見えます。

サン・プリンセスで2014年5月頃に 花蓮市 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):  移動費用(片道):

事前にタクシーチャーター ¥13680
タロコ渓谷観光
帰りは市内で下車
観光とショッピング後にタクシーで帰船

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン