Cruisemansトップ   >   アジアクルーズ   >   日本   >   青森   >   口コミ

青森 への寄港の口コミ

4.43
ダイヤモンド・プリンセスで2018年4月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):10,000円以上

天候に恵まれないクルーズでしたが最後は晴れました。
奥入瀬と十和田湖、弘前城で桜をみたかったのですが、船会社のツアーでは
どちらかにいくものしかなかったので観光タクシーを頼みました。
タクシーは出発1週間くらい前に、青森のタクシーサイトで探し、成長タクシー
という会社で予約しました。
9時から8時間、モデルコースではなくフリーで8時間お願いしました。
料金はお礼含めて50000円くらい。支払いはカードも利用可能です。
3名ですと、船会社のオプションツアーとの差額は5000円位でした。
(バスツアーだと昼食は含まれていましたが)

前日の荒れた天候の余波で八甲田山のロープウェイ、十和田湖の遊覧船は
欠航でしたがタクシーで寄れる箇所は寄っていただけ、奥入瀬渓流で
少し歩くこともできたので満足の1日でした。


青森に寄港する人気クルーズライン

セレブリティ・ミレニアムで2019年11月頃に 青森 に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

青森は唯一中心部に港がある町でした。ところが、天気が大荒れで、青森港が閉鎖されてしまい、船が港に寄れず2−3時間海の上で港が再開するのを待っていました。もともと八甲田山や蔦温泉にレンタカーで行く計画をしていたのですが、吹雪模様のため残念ながらキャンセルをしました。さてどうしようかを迷い、ねぶた会館とまちなか温泉を回り、アウガ市場でお寿司を食べてましたが、早々に船に引き返しました。のっけ丼も見に行きましたがほとんど人がおらず寂しい感じでした。11月中旬とはいえ北国の冬は侮れないですね。9月や10月だと台風に遭遇する可能性があるし日本一周のクルーズは気候的に難しいですね。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:10,000~15,000円

奥入瀬渓流、十和田湖、八甲田山、などは見たことのない素晴らしい景色でした。きりたんぽ鍋をいただきました。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 青森 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):6,000~8,000円

青森市内や弘前、奥入瀬、十和田湖には訪れたことがあるので東北新幹線に乗って岩手県二戸まで遠征。二戸駅に到着したら九戸城跡に行く予定でしたが、短時間で歩いて行って帰って来れる場所ではなく、駅前を散策しただけで復路はIGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道に乗って青森に戻って来ました。最終乗船時間までの空いた時間にねぶたの家ワ・ラッセを見学。青い海公園の海岸をセレブリティ・ミレニアムの写真を撮りながら歩き、青森県観光物産館アスパムの展望室に昇り、360度の眺望を楽しみました

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:5時間以上  費用:10,000~15,000円

奥入瀬渓流と十和田湖、八甲田山を観光しました。
奥入瀬渓流はおそらく時間の関係かトイレ休憩の時に周辺を散策するだけの簡単なものでしたので本格的な散策は叶いませんでした。
十和田湖は寄せる波音が楽しめるほどの静かな佇まいでとても素敵なところでした。
八甲田山はケーブルカーで山頂公園まで登るのですが、かなりの高さを10分間移動するので迫力も十分。若干ガスってましたが山頂からの眺望も見応えのあるものでした。
奥入瀬渓流滞在の時間は短かったですが、それを埋めて余りあるほど十和田湖と八甲田山が感動的でした。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 青森 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

【ワラッセホール】
近い港に着いたので、タクシーでワラッセホールまで移動して観光した。(約600円)

(財布を無くしたと思って、タクシーの運転手さんにそれを言ったら、また今度きてくれた時に払ってくれたらいいよと言ってくれたのが本当に驚き、感動した。下車した時に港の係員の人が車内を確認した時にお財布があって、下車の様子を見てくれるチェック機能があることに、またほっとした。)

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

ワラッセでハネトと太鼓の体験をしたあと、アスパムで津軽三味線の実演を鑑賞。
非常に迫力があったがビデオ撮影が出来なかったのが極めて残念。
昼食を取ろうとまず「青森魚菜センター」(のっけ丼センター)を訪れたが今ひとつ魅力的には感じられず、B級グルメ味噌カレー牛乳ラーメンの有名店「大西」を訪問。
このクルーズを通じて一番美味しい食事となった。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500~1,000円

青森港から青森駅までは、徒歩で20分くらいです。
海沿いをぶらぶら歩けばミレニアムの全景の写真もばっちり撮れます。スーツケースがあったので駅まではタクシーを利用しました(10分 900円)
青森駅の目の前から青森空港行きのバス(30分 700円)が出ていて便利でした。
青森駅の隣のA-FACTORYは、おしゃれだったり美味しそうなものがたくさんあり、買う予定のないお土産を爆買いしてしまいました。ドライリンゴが特にお勧めです。

セレブリティ・ミレニアムで2019年9月頃に 青森 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):  移動費用(片道):

青森港は青森駅のすぐそばなので、とても便利です。船から見えていたアスパムという観光物産館にまずより、展望台とパノラマ映画セット鑑賞券を買い。(展望台は正直、値段の価値はありませんでしたがパノラマ映画が時間は短いですがとても良かったです。青森の自然の大パノラマも見られますし、ねぶた祭の3D上映も臨場感があって楽しめました。ただ、ここだけではないですが青森のお土産屋さんは試食がなく、値段が高いから、美味しそうなものはいっぱいありましたが買いませんでした。
食事ものっけ丼が美味しいとのことで行こうと思いましたが辿り着けず><食べられませんでした;;

ダイヤモンド・プリンセスで2019年7月頃に 青森 に寄港
寄港地観光:船会社のショア・エクスカーション  所要時間:4~5時間  費用:5,000~10,000円

椅子席が用意されていたのですが、座っていてもねぶたがスイスイ通過してしまい、残念。
まだ初日のせいか、跳ね子も余り跳ねず、ちょっと期待はずれの感ありでした。
見ていると、ねぶたが、客席に向かってくる場所が、もっと先の方らしいので、
椅子席を立ってそちらに移動したら、迫って来るねぶたが見られました。

アザマラ・クエストで2019年8月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

家族の神社巡りにつきあっている。その中で、昔ながらの地元の小さい和菓子店などで季節の和菓子を見つけて食べたり、地元の瀬戸物店や漆器などの工芸品を見るのも楽しみ。今回は ターミナルで
伝統工芸のこぎん刺繍を体験させてもらった。
丁寧に教えていただきうまくすることができてよかった。

アザマラ・クエストで2019年8月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

船が小ぶりなので近い港につき、エスパムまでもすぐのところでしたので、自分であるいてまわりました。ターミナルで こぎん刺繍の体験を指導していて しおりを教えてもらって作りました。
停泊時間が 長いので、体験コーナーなどにいっても、まだまだ時間があり市内の神社を訪ねました。
シャトルのいらないところは 時間の心配もなくゆったりすごせます。

ダイヤモンド・プリンセスで2019年8月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):1,000~2,000円

今回はタクシーで青森駅へ出て弘前へ。電車で40分ぐらい。弘前城の見学とレストラン山崎で有名なリンゴを使ったランチ。とても美味しかった。
夜のねぶた海上運行と花火は自分で買った切符で観賞。帰りは新埠頭会場から船までブリッジを渡って歩く。(夜は船のシャトルバスは無い)船まで約40分。着いたのはツアーバスの最初のと同時だった。

セレブリティ・ミレニアムで2017年9月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料


エスパスのそばに停泊するので 便利に歩いて 出かけられる。
和菓子屋などが季節で 違うものが出ているので 毎回楽しんでいる。

フォーレンダムで2016年4月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

自分で 街を回った。

ダイヤモンド・プリンセスで2014年9月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):1,000~2,000円

青森の街までのシャトルを利用し、そこからバスで 三内丸山遺跡を みにいった。
駅からちょっと時間はかかるが停泊時間が長い時は 訪ねることができる。
広いところを歩くし、野外なので、天気が悪いときはおすすめしない。
レストランなどもあり、休憩もできる。

ダイヤモンド・プリンセスで2016年7月頃に 青森 に寄港

満足

寄港地観光:自分で 移動手段:船会社等のシャトルバス  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):無料

ねぶた祭りを楽しんだ。
日本に住んでいながら、日本の祭りをほとんど見たことがないので、楽しかった

ダイヤモンド・プリンセスで2018年7月頃に 青森 に寄港

とても満足

寄港地観光:自分で 移動手段:徒歩  移動時間(片道):30〜60分  移動費用(片道):無料

青森はシャトルで 街へ出て ねぶたの山車を昼間のうちにみて回った。
夜は 混みそうなので 行かなかったが 天気も良くとても良かったらしい。
昼間も屋台で 珍しい物を売っていたり、見るものはたくさんあり楽しめた。

ダイヤモンド・プリンセスで2018年8月頃に 青森 に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:その他  移動時間(片道):90分以上  移動費用(片道):4,000~6,000円

台風の影響で船の行き先が変更になったので、横浜で出航時に携帯でレンタカーを手配。
青森の岸壁からレンタカー屋さんまでは徒歩圏内でしたので便利でした。

高速道路経由で十和田湖 奥入瀬 八甲田 弘前城 あと、縄文時代?の遺跡まで周りました。
雨で残念でしたが、青森県満喫しました。

クイーン・エリザベスで2019年5月頃に 青森 に寄港

普通

寄港地観光:自分で 移動手段:バス・電車・タクシーなど  移動時間(片道):30分未満  移動費用(片道):500円未満

船内新聞では街までシャトルバス運行となっていたが、青森中央ふ頭に着いたためか、徒歩でアスパムまで行くことになった。あおもりシャトルdeルートバス”ねぶたん号”を利用し「青森県立美術館」の”あおもり犬”やシャガールのバレエ「アレコ」の舞台背景画4幕全ての展示ホールを中心にみることが出来た。

青森に寄港する人気クルーズライン

Cruisemans でできること

一括比較、検索

世界中のクルーズ旅行、3万コース以上をご希望の条件で一括で比較、検索できます。

どこよりもお得に

サイトからの予約でクルーズ代金の3%分のポイント還元!どこよりもお得にクルーズ出来ます。(ポイントはAmazonポイントまたは現金に交換可能)

口コミ、写真

クルーズ経験者の口コミ評価や写真を参考に、間違いのないクルーズ旅行選びができます。

初心者を応援

敷居が高いと思われがちなクルーズ旅行。初心者の方々にも役立つコンテンツがたくさんあります。

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン