Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   特集記事   >   ホーランドアメリカ、客船アムステルダムでいくアラスカクルーズ乗船レポート2018   >   【乗船前後のシアトル観光編】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム 乗船レポート

【乗船前後のシアトル観光編】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム 乗船レポート

【乗船前後のシアトル観光編】ホーランド・アメリカ、客船アムステルダム 乗船レポート

「ホーランド・アメリカ・ライン」(Holland America Cruise Line)は、1873年にオランダとアメリカの郵便、カーゴ、そして人々を輸送する客船会社「ダッチ・アメリカン・スティームシップ・カンパニー」(Dutch-American Steamship Company)として創業。当時の本社はオランダのロッテルダムであった。1872年10月15日に最初のクルーズ、ロッテルダム〜ニューヨーク15日間の航程を出港させた。1989年から親会社はカーニバル・コーポレーション(Carnival Corporation)となっている。

◆ 2018年9月16日〜9月23日「客船アムステルダム」(MS AMSTERDAM)によるシアトル発着の8日間のクルーズに乗船した際の様子をレポートします。



今回乗船した航路は、ホーランド・アメリカのベースとなるアメリカ・シアトルを出発し、8日間をかけてアラスカのグレーシャーベイや主要寄港地を巡る、アラスカ・インサイド・パッセージ・クルーズです。

アラスカといえば氷河、そして野生動物、そんなイメージが目の前でありのままに広がるのがインサイドパッセージの醍醐味。寄港地は、ハバードグレーシャー、シトカ、ケチカン、カナダのビクトリアで、アラスカのインサイドパッセージの決定版と言えるコースを選びました。

アラスカのクルーズは春〜夏にかけてシリーズとしておこなわれているため、今回乗船した9月16日発のコースは、客船アムステルダムがおこなう今年最後のアラスカクルーズです。

◆【乗船前後】では、日本発〜シアトル観光〜シアトル港をレポートします。

シリーズ
ホーランドアメリカ、客船アムステルダムでいくアラスカクルーズ乗船レポート2018

日本発→シアトル

日本発ポートランド経由シアトル行きのデルタ航空を利用

ポートランド空港到着

アメリカ入国し次の便までの乗り継ぎ時間中ポートランド市内で遊びます。 荷物は入国後にピックアップ、すぐに再度預けが出来ました。


ポートランド: 世界最大の本屋や、何を買っても消費税がかからないことなどで有名な、オレゴン州の都市。アーティストなども多く住んでいるといわれ、オシャレな都市としても知られています。

ポートランドのオフィシャルトラベルサイト


ポートランド空港〜ポートランド市内の移動方法

「MAX Red Line」(レッド・ライン)

  • ・「MAX Red Line」のチケット自動販売機でチケットを購入。
  • ・乗車時間約40分ほど
  • ・片道2.5ドル

スクリーンショット 2018-10-07 19.35.53.png 車窓からポートランドの様子を見るのも面白いです

ポートランド市内観光

スクリーンショット 2018-10-07 20.07.54.png おしゃれなカフェ

スクリーンショット 2018-10-07 20.09.29.png ポートランド観光の目玉と言える、「パウエルズ・ブックストア」

スクリーンショット 2018-10-07 20.11.08.png パステルカラーがなんとも可愛らしいお店はポートランドのおしゃれな町並みとぴったりです

スクリーンショット 2018-10-07 20.13.02.png 各国のフードスタンドが並んでいます。地元民にも人気のようです。

スクリーンショット 2018-10-07 20.15.01.png ランチはファラフェルにしました!美味しい

ポートランドはこじんまりとしていて、ポートランド空港からも公共交通機関でアクセスが出来ます。 「おしゃれでアートな町並み」「パウエルズ・ブックストア」「おしゃれなカフェ」などのレベルで行きたいところを予めしぼっておけば、特に計画を立てなくとも、シアトルへの乗り継ぎ時間中(今回は7時間開いていました)に遊びにいける都市です。

ぜひ遊びにいってみてください。

ポートランド空港へ戻り、アラスカ航空でシアトルへ

スクリーンショット 2018-10-07 20.37.02.png アラスカ航空ベストシーズン、満席です

シアトル着後、ホテルへ

シアトルで2泊して遊んでから、アムステルダムへ乗船します

シアトル: パイク・プレイス・マーケットというファーマーズ・マーケットの発祥の地と呼ばれる場所がシアトルダウンタウン観光の目玉。それ以外にも昨今は、世界的なWEB関連会社のAmazonの本社があるサウスレイク・ユニオン地区の再開発なども注目されている。また、世界的なクルーズの発着港としても有名である。

シアトルのオフィシャルトラベルサイト


シアトル空港〜シアトル市内の移動方法

「Link Right Rail」(リンク・ライト・レール)

  • ・「リンク・ライト・レール」のチケット自動販売機でチケットを購入。
  • ・乗車時間約40分ほど
  • ・片道2.75ドル「Westlake St」(ウェストレイク・ステーション)まで

スクリーンショット 2018-10-08 17.54.15.png 空港のスカイブリッジを通って、空港駅に

スクリーンショット 2018-10-08 17.55.07.png ダウンタウンに向かう道中セイフコフィールドも見えてきます

シアトル市内観光

「Amazon Go」


Amazon Go: Amazonが運営する無人ストア。商品を手にとり、店外に出て、実際に支払いをせずに買い物が可能となる次世代型ストア。シアトルにある世界初店舗と2店舗目とどちらもシアトルにある。


スクリーンショット 2018-10-08 18.37.21.png ちょっとした行列になっていました

スクリーンショット 2018-10-08 18.36.01.png アプリをかざして入店します

スクリーンショット 2018-10-08 18.39.26.png 冷凍食品とか、サラダとか色々売っています

スクリーンショット 2018-10-08 18.40.38.png 電子レンジや調味料などもストックされていました

あらかじめ入れていたAmazon Goのアプリをかざして入店して商品を選び、手にとったまま店から出ます。しばらく経つとアプリ上で購入したものが反映されていました。

「Amazon本社ツアー」(要予約)


Amazon本社: Amazonの本社がシアトルのサウス・レイク・ユニオンにあり、本社ではビジターツアーを開催している。要予約のため、世界中からくる観光客ですぐに満席となってしまうよう。 同じくAmazon本社のオフィススペースで、温室の「The Spheres」も月2回、土曜日に要予約の見学ツアーを開催している。


スクリーンショット 2018-10-08 18.46.31.png Amazonオフィススペースの 「The Spheres」

スクリーンショット 2018-10-08 18.47.26.png 温室のイメージどおり、中は緑でいっぱいです

スクリーンショット 2018-10-08 18.48.06.png 緑に囲まれて仕事をするのは空気が良さそうですね

「Amazon Books」(Washington University内)※郊外


Amazon Books: Amazonが展開する、初の実店舗本屋さん。Amazonといえば高度なレコメンド機能が有名だが、それをリアルに再現、Washington University Village内にある世界初の店舗である。Village内にはアメリカを代表するアパレルやテスラモーター、レストランなど120店舗以上が並び、お買い物好きな方は丸一日いても飽きない場所である。


ワシントン大学ヴィレッジ(Washington University Village)内には、たくさんのアパレルやレストランなどがあってお買い物好き天国です。

スクリーンショット 2018-10-08 19.15.46.png ヴィレッジの看板が見えてきました

スクリーンショット 2018-10-08 19.17.43.png セレブ御用達の「PINK」

スクリーンショット 2018-10-08 19.18.32.png 「Victoria's Secret」

スクリーンショット 2018-10-08 19.43.51.png 一家に一台はほしいテスラ

スクリーンショット 2018-10-08 19.19.59.png ついに・・・アマゾンブックス!

スクリーンショット 2018-10-08 19.26.31.png レコメンドの世界が再現されていました!

アマゾン・ブックスは本の品揃えがとても面白いのはもちろん、実際の読者のレーティングによるレコメンドがとても面白く、まさにAmazon上の世界がリアルに再現されていました。 ヴィレッジもお買い物好きな方には天国のようです。私は1日過ごせるなと思いました。

「Pike Place Market」(パイク・プレイス・マーケット)


Pike Place Market ファーマーズ・マーケットの発祥の地と言われる、シアトルの観光の目玉。シアトル発祥のスターバックス1号店がある場所ということでも有名。花束が10ドルで売られていたり、サーモンのお土産屋さんや牡蠣が手軽に食べられるオイスターバーがあるなど、見どころ満載である。


スクリーンショット 2018-10-08 18.55.37.png 世界中から観光客が来ています

スクリーンショット 2018-10-08 18.57.50.png ノルウェージャン・ブリスはパイクプレイスマーケット近くのドック

スクリーンショット 2018-10-08 19.00.01.png スターバックス1号店

スクリーンショット 2018-10-08 19.02.03.png ここでしか買えない限定のタンブラーは人気です

シアトル市内で遊ぶ際にバッグを預ける場所(BAGBNB)


「BAGBNB」(バッグ・ビーエヌビー): バゲージのストレージを提供する場と利用者を結ぶサービス。予約制で専用のWEBサイトから利用予約をする。サービスが世界中に広がっているスタートアップで、大体5ユーロ、6ドルほどからサービスが提供されている。

「BAGBNB」のサイト


スクリーンショット 2018-10-08 19.56.51.png BAGBNB公式サイト

クルーズ終了後、午前中下船して夜空港ホテルに向かうまで丸一日遊ぶ為にスーツケースを預けられるBAGBNBというスタートアップを利用しました。名前からも分かる通り、AirBnBのバゲージ版ですね!

スクリーンショット 2018-10-08 19.44.46.png Pike Place Market内の「Northwest Tribal Art」というお土産やさん

スクリーンショット 2018-10-08 19.40.52.png 日曜日は10:00〜17:45預かり可能で、時間いっぱい利用しました。手書きの紙が渡されますのでそれを持って荷物を引き取りにいきます。

午前中の同時刻にプリンセス・クルーズの客船、エメラルド・プリンセス(Emerald Princess)シアトルで下船した、ロサンゼルスからきた60歳代くらいの乗客2名組みも、我々と同じく空港ホテルに向かう前にダウンタウンで遊ぶ為のストレージサービスを探してこのスタートアップを見つけたとのこと。

すごく便利でいいよねと言っていました。

シアトル市内〜シアトル港(ピア91)の移動方法

ホーランド・アメリカ(Holland America)のシアトル乗船港は「スミス・コーブ・クルーズターミナル・ピア91」(Smith Cove Cruise Terminal at Pier 91)です。

  • ・市バスの「D Line」利用
  • ・「3rd Ave & Bell St」乗車→「Elliott Ave W & W Galer St」下車、徒歩15〜20分
  • ・2.75ドル

「Elliott Ave W & W Galer St」はビュンビュン車が行き交う、道路にあるバス停で、え?ここ?というところです。

キョロキョロしていると海の方に架かる橋、その奥には船が見えてくるので信じてその方角に歩きます。

スクリーンショット 2018-10-09 19.14.12.png あ!線路の向こうにプリンセスの船が!

スクリーンショット 2018-10-09 19.20.59.png 途中地元の人に線路を越えていけと、茶化されましたが、そんなの無理でした。橋を渡り直して・・・プリンセスの船が大きく見えてきました!

スクリーンショット 2018-10-08 20.14.31.png 看板がぼんやり見えてきて安心。。。

スクリーンショット 2018-10-08 20.18.22.png 10分ほど歩いて、やっと「ターミナル91」の看板が見えました。でもここからも長いんです。

途中、大雨が降ってきて、泣きながら歩き続けてやっと見えてきました…

スクリーンショット 2018-10-09 19.30.02.png やっと、、、ターミナルに近づきました、、、

スクリーンショット 2018-10-08 20.20.45.png 客船アムステルダム! 市バスで来ている人なんて多分誰もいませんでした。

市バスでの移動ははっきり言って、あまりお勧めしません。 すごく体力がある方、バスが好きな方にはお勧めですが、疲れます!

シアトル市内〜シアトル港(ピア91)のお勧めの移動方法

  • ・タクシー
  • ・約15ドル

パイクプレイス・マーケット〜ピア91で実際に15ドルで移動が出来ました。

アラスカ関連記事:「特集記事: 野生動物写真家、安藤誠氏が語る「氷河だけではないアラスカクルーズの魅力」

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン