Cruisemansからの予約&口コミ投稿で旅行代金の3%分のポイント還元
Cruisemansトップ   >   クロワジー・ヨーロッパ   >   MSラファイエット   >   特集記事   >   クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018   >   【乗船Day5】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート・「ロマンティック・ライン」(リューデスハイム/ライン川)

【乗船Day5】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート・「ロマンティック・ライン」(リューデスハイム/ライン川)

【乗船Day5】クロワジー・ヨーロッパ 乗船レポート・「ロマンティック・ライン」(リューデスハイム/ライン川)

1976年にジェラルド・シュミッター氏(Gerard Schmitter)により創業されたクロワジー・ヨーロッパ(Croisieurope)。
45隻のリバークルーズ客船と、オーシャン客船1隻を保有し、本社はフランス・ストラスブールで、フランスにベースを置き、ヨーロッパでは老舗のリバークルーズ会社として知られています。

2018年7月2日〜7月7日「客船ラファイエット」(MS LAFAYETTE)での実際の乗船の様子を、レポートします。
今回乗船した航路は、クロワジー・ヨーロッパの本社所在地でもあるフランス・ストラスブールを出発し、ドイツ・中央都市のフランクフルト、モーゼル川の街コッヘム、モーゼル川とライン川の合流地点コブレンツ、つぐみ横丁で有名なリューデスハイム、大学都市のマンハイム、そしてストラスブールに戻るというものです。

なんといっても「ライン川」「モーゼル川」「マイン川」の3つの川を楽しめるという、まさにリバークルーズの贅沢さが詰め込まれた航路です。

特にライン川の流域自体が世界遺産になっており、コブレンツ〜リューデスハイムの川沿いは休む暇がないほどに古城や村々が現れ、牧歌的な景色が楽しめるので、飽きることがありません。

リバークルーズが初めての方にも、またはライン川から、ドイツの歴史的古城を余すことなくゆったりと楽しみたいという思いのある、クルーズ自体が初めての方にも乗船していただき、満足していただけそうな航路であると感じました。

◆【乗船Day5】では、リューデスハイム寄港(ライン川)の様子をレポートします。

シリーズ
クロワジー・ヨーロッパでいくリバークルーズ乗船レポート2018

5日目:7月6日(金)

朝食

朝食は基本的に毎日7:30から9:00でブッフェ

午前中

「ドイチェスエック」を川から見た景色が撮りたい場合には、出港の時間に合わせてデッキに出ましょう。 昨日は陸からドイチェスエックを、今朝は川から見て楽しみます 昨日は陸からドイチェスエックを、今朝は川から見て楽しみます

朝のデッキも清々しいですね 朝のデッキも清々しいですね

コブレンツ〜リューデスハイムは「ロマンティック・ライン」

コブレンツ〜リューデスハイム間の古城や村々の景観を楽しむクルーズのクライマックス。 最大の見どころのために、朝食後はデッキでスタンバイです。

コブレンツ〜リューデスハイム間は、「ロマンティック・ライン」ライン渓谷中流上部【世界遺産】に登録されており、川岸には古城やぶどう畑が美しい、大変価値ある景観です。 絶対に見逃してはなりません!

「ザンクト・ゴアルスハウゼン」の表記が見えてきたら、より一層心構えをして待ちます

見逃さないようにしないと!ドキドキ 見逃さないようにしないと!ドキドキ

ネコ城

ネコ城はどことなくネコっぽいな ネコ城はどことなくネコっぽいな

ローレライ

みんなそろってシャッターチャンス みんなそろってシャッターチャンス

プファルツ城

ルートヴィヒ4世により建てられました ルートヴィヒ4世により建てられました

エーレン・フェルス城

元々はどんなお城だったのかと想像するだけでもついつい夢中に 元々はどんなお城だったのかと想像するだけでもついつい夢中に

ライン川の古城マップがあると楽しめます

マップに乗っている古城の形と合わせながら景色を見ていくと楽しいです マップに乗っている古城の形と合わせながら景色を見ていくと楽しいです

コブレンツからリューデスハイムの約60kmのライン川流域の、古城や村々を船からゆったりと眺める贅沢な時間はとってもロマンティックでした!

ランチ

ブッフェ ブッフェのメインは豚の丸焼き ブッフェのメインは豚の丸焼き

リューデスハイム入港(14:30)

同じドッグを利用するため、他社の船を経由して陸に上がります 他の船の中もちらっと見られます 他の船の中もちらっと見られます

別の船の中を通って陸に上がるなんてリバークルーズならではですね 別の船の中を通って陸に上がるなんてリバークルーズならではですね

リューデスハイム市内観光

ミニバスで30分ほど市内をめぐり、ワイナリー「ADOLF STORZEL」にてワインテイスティング、自動演奏楽器博物館見学の約2時間ほどの観光です。

可愛らしいプチ・トランが迎えにきました 可愛らしいプチ・トランが迎えにきました

何台も連結しているタイプなのでけっこう揺れます。酔いやすい方は酔い止めを。 何台も連結しているタイプなのでけっこう揺れます。酔いやすい方は酔い止めを。

丘の上のワイナリーの、景色のよい道も通ってくれます 丘の上のワイナリーの、景色のよい道も通ってくれます

つぐみ横丁近くのワイナリー「ADOLF STORZEL」にてワインテイスティング つぐみ横丁近くのワイナリー「ADOLF STORZEL」にてワインテイスティング

自動演奏楽器博物館の見学 自動演奏楽器博物館の見学

重厚感のある音も出て迫力がありました 重厚感のある音も出て迫力がありました

見学が終了次第、自由に徒歩で船に戻るか、ガイドと戻るか選べます。 つぐみ横丁からは徒歩で15分ほどで港に戻れます。

人気のつぐみ横丁などを見て、徒歩で船に戻ります 人気のつぐみ横丁などを見て、徒歩で船に戻ります

船に戻るとホッとしますね 船に戻るとホッとしますね

ディナー

熱々のポットでサーブしてくれます 熱々のポットでサーブしてくれます

Beef consomme with vermicelli (ビーフコンソメスープ) Beef consomme with vermicelli (ビーフコンソメスープ)

Pot-au-feu;hot pot and fresh vegetables(ポトフ) Pot-au-feu;hot pot and fresh vegetables(ポトフ)

Rum baba(ラム・ババ) Rum baba(ラム・ババ)

ダンス・タイム

今夜はダンス・タイムです。まだまだ元気なお客様。好きな曲を午前中のうちにリクエストして、流してもらえる仕組みになっています。 YMCAが人気です YMCAが人気です

ムーディーなダンスも素敵です ムーディーなダンスも素敵です

クルー・ショー

クロワジーでは、クルー達総出でショーをしてくれます。手作り感満載の衣装やショーですが、仲良くなったクルーを見つけるとついつい応援したくなっちゃう距離感です。 スープを注いでくれたクルーだ! スープを注いでくれたクルーだ!

意味が分からないけど面白いです 意味が分からないけど面白いです

最後はお客様も一緒にやっぱりダンス 最後はお客様も一緒にやっぱりダンス

クルー・ショーが終わってもお客様はダンスをやめません クルー・ショーが終わってもお客様はダンスをやめません

フランスの方々はとってもダンスが好きなんですね。 とても素敵でした。

本日は停泊し、翌4:00に出発です。

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン