Cruisemansトップ   >   ブログ   >   KRN Blog   >   シリーズ「2回目のクルーズは東地中海へ」   >   ロイヤルカリビアンVSコスタクルーズ

ロイヤルカリビアンVSコスタクルーズ

シリーズ  2回目のクルーズは東地中海へ

ロイヤルカリビアンVSコスタ 再び

ベネチアは様々な船が就航しており、寄港地もイタリア、ギリシャ、クロアチア、モンテネグロ、トルコなど幅広く、いずれも魅力的な所ばかり。
7泊のコースで予算に合うものだけに絞り、詰めの段階まで来たところでまたしてもロイヤルカリビアンのSplendor of the seas(7万トン)とコスタクルーズのCosta Serena(11万トン)で悩むことになってしまいました。 初めての船会社を取るか。
それとも1回乗ったことのある船会社にするか。

2009年9月/スプレンダー・オブ・ザ・シーズに決定!

コスタの魅力

  • ■食事(特にイタリアン)が美味しいらしい
  • ■バーリ/アルベロベッロに行ける
  • ■セレーナはスプレンダーに比べて大きくて新しい

ロイヤルカリビアンの魅力

  • ■初クルーズの会社でお気に入り。他の船も乗ってみたい!
  • ■サントリーニ&トルコに行ける
  • ■停泊時間が長い

気になったのはコスタは【停泊時間】がかなり短いこと。
ロイヤルカリビアンはコスタに比べて小さい船な上に、終日クルーズが2回もあるので暇を持て余しそうかなと思ったことです。
新しい船会社も気になるし、初クルーズが施設が豊富な大型船だったのでおよそ半分のサイズの船に乗るということのイメージが湧かない・・・

悩みぬいた結果、
「個人観光派の私達には停泊時間が長いロイヤルカリビアンの方が良さそう」
という考えに至りました。

この選択が、今後ロイヤルカリビアンをリピートするきっかけとなる思い出のクルーズとなりました。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン