Cruisemans | クルーズ旅行の口コミサイト サイトからの予約&口コミ投稿で、旅行代金の3%分のポイント(現金化可能)をプレゼント!
Cruisemansトップ   >   特集記事   >   シーニック・オパールに潜入 〜超高級船の船内はめっちゃいい香り〜

シーニック・オパールに潜入 〜超高級船の船内はめっちゃいい香り〜

シーニック・オパールに潜入 〜超高級船の船内はめっちゃいい香り〜

◆2018年7月5日ドイツ・コッヘムに停泊中のシーニック・オパール(Scenic Opal)の船内の様子を公開◆

クロワジー・ヨーロッパのラファイエット(LAFAYETTE)にてクルーズ中にコッヘム寄港をした際、隣のバースにシーニック・オパール(Scenic Opal)が停泊していました。船内の様子を見学させてもらえるよう交渉したところ、快諾いただき船内設備を見学させていただきました。その様子をレポートします。

クルーズライン、客船の概要

シーニック・クルーズ(Scenic Cruises)

・設立:1986年(オーストラリア・ニューキャッスル)でGlen Moroey氏が設立。シーニック・ツアーズ(Scenic Tours)として、コーチ・ツアー・オペレーションの会社として営業していたが、2008年よりオーストラリア人乗客のためのヨーロッパ・リバークルーズのオペレーションを開始。2015年から社名をシーニック・クルーズに変更。

主な特徴

  • ・5つ星ラグジュアリー・リバークルーズ
  • ・バトラーサービス全ゲスト利用可能
  • ・乗客:乗員=1:3
  • ・24時間ルームサービス利用可能
  • ・プール設備
  • ・ジム設備
  • ・コンプリメンタリー電動アシスト自転車
  • ・チョイス可能なエクスカーション(アクティブ/普通/リラックスの3段階のエクスカーション)
  • ・GPSシステム(地上や船上で利用可能なGPSシステムの提供)
  • ・コンプリメンタリードリンク/バー
  • ・コンプリメンタリーのWifi

シーニック・オパール(Scenic Opal)

  • ・建造:2015年
  • ・全長:135 m
  • ・キャビン数:85キャビン(ローワー・デッキはピクチャー・ウィンドー付き、ミドル・デッキ&アッパー・デッキはバルコニー付き、そのほかロイヤル・パノラマ・スイートキャビン2室)
  • ・ドレスコード:カジュアル(オープンネック・シャツ、ドレスなど)

スクリーンショット 2018-08-19 16.42.32.png 「SCENIC」ののぼりの色使いがオシャレで目立ちます。

レセプション(Reception)

スクリーンショット 2018-08-19 16.43.47.png 上下船を管理するシステム。船内に入った瞬間に高級ホテルのようないい匂いがしました。

スクリーンショット 2018-08-19 16.45.08.png 床や階段の建材に高級感を感じます。

(手前)リバー・カフェ(River Café)

(奥)ポートベロー・レストラン(Portobellos Restaurant)

スクリーンショット 2018-08-19 16.48.11.png 手前はバーで、奥がダイニングになっています。

ラウンジ&バー(Lounge & Bar)

スクリーンショット 2018-08-19 17.35.53.png 夕食前にゆっくりと歓談を楽しみます。

スクリーンショット 2018-08-19 17.36.36.png 表示がいちいちオシャレです。

クリスタル・ダイニング(Crystal Dining)

スクリーンショット 2018-08-19 17.37.24.png ダイニングのテーブルは丸ではなく、ニューヨーク・レストランのようなスタイル。

フィットネス・センター(Fitness Centre)

スクリーンショット 2018-08-19 17.38.09.png リバークルーズ中でも立派なフィットネス設備が利用可能です。

ウォーキング・トラック(Walking Track)

スクリーンショット 2018-08-19 17.38.57.png 広々とした最上階のデッキはとても長かったです。

サン・デッキ(Sun Deck)

バイタリティ・プール(Vitality Pool)

スクリーンショット 2018-08-19 17.42.50.png プールに驚いていたら、ジャグジーになるからと電源を入れてくれました。

スクリーンショット 2018-08-19 17.44.46.png リバーの移り変わる風景を見ながらゆっくりと楽しむジャグジーを想像します。

スクリーンショット 2018-08-19 17.46.16.png 快く船内を見学させてくださったクルーズ・ディレクターのAlexander Thurein氏(右)

記事のシェアをお願いします

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン