Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   南極クルーズへ行ってきました ~ ポナン、ル・ボレアル

南極クルーズへ行ってきました ~ ポナン、ル・ボレアル

新年度が始まりました。横浜は、この週末、桜はまだちょっと早かったです。

ポナンが日本に来るようになって、全国の港湾関係者の方とのつながりが増えました。大阪、高松、広島、宇和島、門司、境港など、いろんな港に知っている人が増えました。港湾関係者、客船誘致を担当する方は、3〜4年で移動することが多く、この3月末も、大阪をはじめとするいくつかの港のお世話になった方々が移動となりました。特に大阪の担当者は、ポナンの乗下船港ということで大変お世話になり感謝の気持ちでいっぱいです。

2月23日から3月5日、南極へ行ってきました。

船は日本にも来るポナンのロストラルの姉妹船、ル・ボレアル。日本からドバイ経由でブエノスアイレスまで約30時間、そこからチャーターフライトで3時間半で船に乗るウシュアイアに到着。果てしなく遠い南極、想像をはるかに、ホント、はるかに超える感動の世界でした。自分の人生の中で、南極大陸に行けたこと、大きな感謝です。

船は安定していて、揺れることなく、おだやかにドレーク海峡を渡りました。通常のコースをはずれて南極圏に入り、ル・ボレアルは海氷に船首をめり込ませて接岸、その氷の上に上陸するという信じられない経験をしました。

地の果ての光景は、本来地球はこんなに美しい星であるということを教えてくれました。そしてそこに生息する動物たち、ペンギンの親は幼い子供のために崖から海に飛び込み、えさを探し、陸に戻ってきて、無数のペンギンのなかからちゃんとわが子を見つけ出し、えさを与える。育ちざかりの子供は、空腹で、「もっとちょうだい。」と親にねだる。世界で最も過酷な子育てといわれる南極のペンギン、そのかわいらしさは今でも写真を見返してしまうほどです。

ラグジュアリークラスのクルーズ船、オールインクルーシブをよく売り文句にします。オールインクルーシブ、その名の通り、すべてクルーズ代金に含まれているということで、船内でのアルコール類はすべて無料、チップも込み、という贅沢なシステムです。

しかし、最近思うのは、食や酒の贅沢ばかりをアピールしたところで、それほど酒を飲めるわけでもなく、食べるにしても限界がある。それに飲み食いだけが船旅の楽しみではないはずだ、と。オールインクルーシブという贅沢は、あまり響かなくなってきているのではないでしょうか。

今回、ポナンで南極に行って強く感じたことは、ラグジュアリーな船で美酒、美食を毎日堪能することも大きな喜びではあるが、それプラス、何かテーマがあるとさらにクルーズが楽しくなるということです。

今回のテーマは、「南極へ行く」です。船はもしかしたら脇役で、南極へ行くための手段だったのです。船内では偶然乗り合わせた日本人ナチュラリストの方の南極や動物、南極の氷に関するレクチャーを興味深く聴き、そういう知識を深めることに楽しさがありました。

南極のペンギンには何種類かありますが、ジェンツーペンギンというのがめちゃくちゃ可愛いです。このペンギン、もしかしたら南極まで行かなくても、もっと日本から近いところで見れるのか、とある方に聞いてみたのですが、南極にしか生息していないとのこと。

南極まで行かなければこの可愛いジェンツーペンギンに出会えない、その尊さに強く心揺さぶられ、2年後にまた南極にチャレンジすることを決めました。

2019.1.17 ル・ボレアルです。

南極クルーズはけっこうな金額になります。なぜ2年後なのか、それは賢くリーズナブルに行くためにはとても大切な要素なのです、3月中旬に2019年の南極クルーズが発売開始になり、今が最大割引30%OFFが適用されるのです。元値が高いクルーズの30%はとても大きいのです。もちろん外国船なので価格変動制、総じて早めの予約ほど安いです。もし南極への思いをお持ちなら、すぐ決断してください。その夢は絶対に実現させるべきです。

南極や南米など南半球のクルーズシーズンが終わると、北半球がいい季節になります。地中海、アラスカ、カリブ海など、クルーズのメッカはベストシーズンを迎えます。私は、

  • 4/28〜5/6 シードリーム・ヨットクラブ マラガ〜モンテカルロ
  • 5/10〜20 ロストラル 大阪〜室蘭
  • 5/25〜30 シードリーム・ヨットクラブ ニース発着 F1モナコグランプリ

と乗船します。

仕事とはいえ、シードリームとポナンを渡り歩く1か月は、すごくうれしいものです。日本からの素晴らしいゲストと過ごすヨットスタイル、(ヨットスタイルとは、あたかも自身が豪華クルーザーのオーナーであるかのような、 贅沢かつプライベート感覚あふれる船旅)みなさんには存分に楽しんでいただきたいと、準備を進めています。

外国船の日本発着について一過言、スタークルーズのヴァーゴが7月から日本発着をスタートします。

実は外国船の日本発着のパイオニアはスタークルーズ、2000年ごろだったと思いますが、神戸〜博多〜釜山 3泊、毎週金曜日出港で3万ちょっとという、夢のようなクルーズがありました。船はスーパースタートーラス、直前までNCLのリーワードとしてマイアミ発のバハマ・カリブ海に就航していたので、船内は明るくトロピカル仕様で、イタリアンのスペシャリティレストランもあって、雰囲気が最高でした。

このトーラスで船旅に目覚めた方が日本にはたくさんいると思ってます。そのスタークルーズが17年ぶりに日本発着を行うことに感慨深さがあります。

ヴァーゴ、75000トンは、ベストサイズです。大きすぎず、小さすぎず、設備は十分にあります。中華、イタリアン、寿司、鉄板焼など食事のバリエーションが楽しいです。数年前、シンガポールで中を見ましたが、我々日本人が楽しめる、乗りこなせる船だと思いました。和食レストランの一角にお座敷個室があるんですよ。あそこで仲間で一杯やると楽しそうです。

スーパースターヴァーゴ、大阪・横浜 発着 清水・鹿児島・上海周遊7泊

今月末までは1人3万円引きで98000円から、狙い目です。

うわさのジェンツーペンギン、可愛すぎる。日本で一緒に暮らしたい。 うわさのジェンツーペンギン、可愛すぎる。日本で一緒に暮らしたい。

ゾディアックに乗り込んで南極大陸や海氷に上陸、エキサイティング。 ゾディアックに乗り込んで南極大陸や海氷に上陸、エキサイティング。

みんな、仲良く、元気に暮らしなさいよ。(親心) みんな、仲良く、元気に暮らしなさいよ。(親心)

寒さは気温ではなく風なんです。 寒さは気温ではなく風なんです。

行く手をはばむ海氷、ボレアル、たくましい船です。 行く手をはばむ海氷、ボレアル、たくましい船です。

南極でフレンチ、信じられません。美味い。 南極でフレンチ、信じられません。美味い。

我が船が氷に激突している光景。ポナンは軟なフランス船ではなく、かなりアグレッシブです。 我が船が氷に激突している光景。ポナンは軟なフランス船ではなく、かなりアグレッシブです。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン