Cruisemansトップ   >   ブログ   >   クルーズの旅行会社奮闘記   >   シリーズ「シードリーム・ヨットクラブ」   >   ありがとう3月 ~ シードリーム・ヨットクラブ、カリブ海クルーズ

ありがとう3月 ~ シードリーム・ヨットクラブ、カリブ海クルーズ

シリーズ  シードリーム・ヨットクラブ

桜満開、暖かい一日でした。昨晩は、ずっとポナンにご乗船いただいてるお客様と中華街でお食事、楽しい時間を過ごさせていただきました。

さて、3月のスモールシップフェア名古屋・大阪・東京と客船フェスタ神戸も終了しました。各地でわざわざ会いに来てくださった皆さん、ホントうれしかったです。常々申し上げているマーケット拡大のためのクルーズ啓蒙活動は、目先の利益のためではなく、5年後、10年後のもっと大きなリターンを考えてのものです。

よく海外の船社の人と話していると、「日本はクルーズダメだねぇ、特にラグジュアリーがだめだねぇ。あんなリッチな国なのに、なんで?」ってよーく聞かれます。ムカッ、腹立つなぁ、と思いつつも事実なので何も言い返せない現実。

でも、安易な値下げで目先の予約をかき集める、そんな方法を繰り返していては、マーケットは広がりません。じっくりと中長期的な視野でのクルーズ啓蒙が必要だと考えています。地方都市に行くと、クルーズというレジャー自体全然知られていないという現実を見てきました。

突然、今週の金曜日からカリブ海取材乗船に行くことになりました。久しぶりにシードリーム・ヨットクラブの取材申請を出したのですが、ようやく話がまとまったのがなんと出港の1週間前。それでも失礼を承知で名だたるジャーナリストの皆さんにダメモトでお願いをしてみましたが、残念ながら全員に断られてしまい、私一人で行くことになりました。まぁ、1週間後にアンティグアに飛んでいただけませんか? ってムチャクチャですよね。反省。。。。

いつもは、船に乗るときはお客様とご一緒なのですが、今回はパーフェクトボートや雑誌クルーズの連載のためだけの取材乗船、めったにないことです。しかも船はシードリームⅡ、一度乗ったら病みつきになる麻薬のような船。そして下船後に、”あの船”を見学させていただくことになりました。まだ日本人で乗船した人はほとんどいないのではないでしょうか? お楽しみに。

そして、4月14〜15日に横浜港大桟橋で開催される「クルーズスタイル」に初めて参加させていただくことになりました。すっごいたくさんの方が来られるそうです。ミレニアムも停泊してるそうです。私は、ポナンのブースにおりますので、ぜひ遊びにいらしてください。

コメントを投稿する

非日常のクルーズ旅行をもっと身近に。
クルーズマンズではじめよう

登録済みの方は ログイン